マルハニチロ食品

近頃、冷凍食品部門で高いシェアを誇っているマルハニチロ食品ですが、元々は「日魯漁業株式会社」という社名で1914年に設立された会社でした。

当時は、ニホンで初めて衛生缶を利用している缶詰会社として稼動しており、長らく缶詰のカテゴリでは、名高い会社として親しまれていました。

その後、1990年に会社名を「株式会社ニチロ」と変更。

冷凍食品部門にも力を投入して、こちらだとしても名が通る存在となっていました。

そういった中、2007年に水産プロセシング食品市場でTOPシェアを誇っていたマルハと経営統合し、翌2008年には「株式会社マルハニチロ」に社名を変更し、それまでの双方の会社の手順を活かしつつ、新たなブランド色を目指し、近頃に至ります。

元々、水産プロセシング食品、特に缶詰食品やソーセージ部門で高い大好評を集めていた作製企業でしたが、近頃、特にマルハニチロになってからは、冷凍食品にかなり力を注いでいます。

特に、水産プロセシング食品の冷凍食品では、その手順を活かして高い質の品物を開発、市販生産品しています。

練り物系の強さも際立っており、その手法も活かされているやうです、。

二つの会社が統合したケース、当然のことですが、各部門における見直し再編成といったものが行なわれます

そのなかにあって、マルハニチロが冷凍食品部門に力を注いだのは、冷凍食品というカテゴリが近頃かなりメリット的な市場になっていることの表れといえるでしょう。

そういうゆえんでは、冷凍食品の勢いをそのまま形にしたような会社、といえるのかも知れません。

マルハニチロ食品の人気商品

マルハニチロ食品の冷凍食品の特徴はその種別の潤沢さで、たいへん多くの品物が市販生産品されています。

特にそれが目立つのは、「おべんとう」部門です。

数多くのおかず、それもおべんとうに入る小さな大きさの冷凍食品が、ショップ頭に多く並んでいます。

この中だとしても特に高い大好評を集めているのは、「北海柱&タルタルソース」「いか天ぷら」「白身魚タルタルソース」などの水産プロセシング食品を利用した品物です。

ちくわ関連の食品もたいへん高い好評を集めています、。

「ちくわ磯辺揚げ」「明太ちくわ磯辺揚げ」などの品物は、かなりのロングセラーを記録中です。

「牛カルビマヨネーズ」「牛カルビ&ナムル」などの牛肉品物も、若い世代を中心に好評されています。

マルハニチロの他の特徴には、早速にトレンドの食材を取り投入した場合いう点も挙げられます。

それを象徴する品物が「特製具入りラー油がうまい!ザーサイ炒飯」です。

一世を風靡した「食すラー油」の要素を取り入れた炒飯ですね。

こんな時代を象徴するメニューも、マルハニチロならではといえます。

「おそうざい」のカテゴリーで高い大好評を集めているのは、シンプル&低価値路線の「男爵コロッケ」シリーズや「ミニハンバーグ」、あるいは「えびグラタン」や「コーングラタン」などのグラタン類です。

これら以外にも、「塩ゆでえだまめ」に代表される、凄くわかり易い冷凍食品が大好評を博しており、これもマルハニチロの特徴の一つとなっています。