加ト吉(テーブルマーク)

1956年に、加ト吉水産株式会社という名前で設立された加ト吉(カトキチ)。

当初より冷凍食品を取り扱っていたこの会社が一躍ポピュラーになったのは、冷凍讃岐うどんの作製、市販生産品を開始した1970年代のことでした。

冷凍讃岐うどん市販生産品にあたり、商号を「株式会社加ト吉」に変更し、より「加ト吉」という名前が前面に出る形になったこと、そして讃岐うどんの大ヒットによって冷凍食品のうどんといえば「加ト吉」という構図が一気に浸透したのです

讃岐うどんの大ヒットによって、加ト吉は、1980年代には東証1部、大証1部まで一気に駆け上がり、一流専門業者の仲間入りを果たしました。

そういった加ト吉ですが、近頃に到るまで全てが順調だったわけではありません。

2007年に不適切な行為が発覚し、2008年にはニホンたばこ産業(JT)の完全子会社となる等、大きくつまずいてしまい、その影響で2010年からは商号が「テーブルマーク」に変更されることになってしまいました

ただ長年親しまれてきたな「加ト吉」という名前を完全に撤廃するのは得策ではないと判断された帰結、その象徴ともいえる讃岐うどんをはじめ、冷凍面全般、及び「たこ焼き」や「お好き焼き」などの一部の品物にロゴを残す形が取られ、「加ト吉」の名前は依然として品物に記載されています。

というのはいえ、ブランドの想像が大巾に崩れたこというのは否定できず、あとあというのはその信頼リカバリ、名誉挽回に努めるものとおもわれます。

元々、冷凍食品だけじゃなく、多様な事業を広く展開していくという社風があり、それによる問題も少なからずあったものの、2009年以後は冷凍食品部門をはじめとした中核事業に集中すべく、それ以外の部門は整頓整とんをおこない、スリム体形化を果たしています。

加ト吉の人気商品

2007年の事件発覚以後、大きく想像ダウンしてしまった「加ト吉(カトキチ)」ですが、それだとしても冷凍食品に関連する大好評の高さは根強力に、全体の冷凍食品のなかにあっても、未だ存在感を発揮しています。

近頃は「テーブルマーク」という会社名になっているので、「加ト吉」の品物を探すケースは注意しましょう。

では、そういった旧「加ト吉」、現「テーブルマーク」の代表的な品物を紹介していきます。

まず、何と言っても「冷凍讃岐うどん」ですね。

加ト吉の代名詞的な品物であって、冷凍食品のうどん部門ではもTOPクラスの大好評を保持している超売れ筋品物です。

冷凍食品市場では、うどんのシェアと大好評が高い原因は、この「冷凍讃岐うどん」に存在した場合言っても何ら差し支えないでしょう。

それくらい、大きな影響力を持った品物です。

そういった「テーブルマーク」の讃岐うどんは、かなりの種別が市販生産品されています。

「さぬきうどん5食」「さぬきうどん3食」をはじめ、「熟練の味さぬきうどん」「国際小麦さぬきうどん」といったラインナップとなっており、レンジで容易に調理出来るようになっています。

それ以外のうどんも「国産小麦稲庭風うどん」等、多様な種別が手配されています、。

うどんの想像が圧倒的に強い一方、「ぶっかけとろろそば」「蕎麦打ち職人」等、そばもかなりの種別が市販生産品されています。

お弁当や冷凍米飯、あるいはたこ焼きやお好き焼き等、冷凍食品のオーソドックスメニューもひと通り揃っています、。