味の素冷凍食品

ニチレイと並び、ニホンの冷凍食品市場のTOPを走っている作製企業。

それが、味の素冷凍食品です。

味の素冷凍食品の設立は、2000年とかなり近頃です。

ですが、その名前だとしても分かるように、現実にはかなり昔から存在した作製企業です。

そう、あの「味の素」の冷凍食品部門が独立したのが、「味の素冷凍食品」ですのです。

味の素株式会社は、1925年に設立された食品会社で、その会社名だとしてもある「味の素」という調味料が爆発的なヒットを記録した他、「アジシオ」や「ほんだし」などの調味料で名高い作製企業です。

そ以外にも、多様なカテゴリで主力品物を抱える巨大専門業者です

そういった味の素の冷凍食品部門は、1970年に設立された「味の素レストラン食品」に端を発します

その後、1974年には業務用冷凍食品事業へと参入。

既に操業していた群馬、四国の工場に続き、九州、中部地方にも工場を創り、全国展開を図りました。

味の素の冷凍食品部門は高い評価とニーズを集め、1997年には子会社の3社が合併し、「味の素フレッシュフーズ」という会社が発足します。

2000年には、より一層味の素の冷凍食品部門が統合され、「味の素冷凍食品」という作製企業が出現しました。

全国展開、そして統合と、一度最大限まで広げた風呂敷を綺麗に畳み、多様な手順や手法を結集させ、より質の高い作製企業となったのが、「味の素冷凍食品」という会社ですのです。

これによって、設立は近頃ですが、持っている手順は市場だとしてもTOPといえるでしょう。

味の素冷凍食品の人気商品

味の素冷凍食品の特徴は、各カテゴリごとにブランドを設け、より品物の住み分けをわかりやすくしている点です。

たとえば、プロが造るような味を再生している品物には、「洋食亭(R)」というブランドを設定しています。

お弁当に投入するような品物には「お弁当」というブランドが割り当てられています。

これによってオーダーする側も、使途に応じた買い物が容易でなります。

そういった味の素冷凍食品の大好評品物を、各ブランド毎に見ていきましょう。

まず、スタンダードな「おかず等」ブランド。

最も名高いのは、SMAPの香取慎吾さんをCMに起用した「ギョーザ」でしょう

味の素冷凍食品は餃子にかなり力を投入しており、「ギョーザ」以外にも、「焼いてもゆでても 美味しいギョーザ」「おつまみギョーザ」などの品物が手配されています。

油を使用せずに焼けるという点がセールスポイントですが、味のほうもたいへん美味です。

こ以外にも、「やわらか若鶏から揚げ」「プリプリのエビシューマイ」などの大好評が高く、特に「やわらか若鶏から揚げ」は、作製企業発足当時から、冷凍食品の唐揚部門で常にTOPシェアを獲得しています、。

「洋食亭(R)」は、ハンバーグ専門ブランドと言っても差し支えないでしょう。

本格的なハンバーグを楽しみたい人向けに「ジューシーハンバーグ」や「和風おろしハンバーグ」等が手配されています。

この他、「お弁当」ブランドは「エビ寄せフライ」や「カップに入ったエビのグラタン」、「揚げずにサクッとさん」ブランドは「ふっくら白身魚」、「米飯・グラタン等」は「HOT!1」シリーズ等が代表的な品物です