冷凍食品で見る男性と女性の違い

「よくお世話になるおかず系冷凍食品」ランキングに続き、gooのランキングをもう一つ紹介します。

それは「常備しておきたいとおもう冷凍食品」ランキングです。

本質的にゆえん合いとしては同じですが、一つ違う点は、こちらには「男性版」と「女の人版」があることです。

男性の好む冷凍食品と、女の人の好む冷凍食品では、どんな相違があるのでしょう。

まず男性版ですが、10位にフライドポテト、9位にコロッケ、4位に唐揚と、揚げ物が比較的沢山ランキングになっています。

ピザや海老ピラフ等もやうですが、「味が濃く、満足感のある食品」が際立った強さを見せているというのが特徴です、。

5位に枝豆が入っている点もトピックですね。

お酒のつまみのオーソドックスとして、高い大好評を集めています

上の方TOP3は、チャーハン、うどん、焼きおにぎりと炭水化物系が独占しています。

女の人版では「うどん」がTOP。

チャーハンは16位と低く、求めるものの相違が明確といえます。

案外揚げ物も強力に、2位にフライドポテト、5位に唐揚、9位にコロッケがランクイン。

カロリー志向という感想や感じ方が強い女の人ですが、実はそうだとしてもないことが分かります。

その一方で、3位に「ミックスベジタブル」がランクインしている点も無視出来ない特徴です。

ちゃんと食べつつ野菜も摂取したいという明確な意図が見てとれます

冷凍食品から分かる男女の食に対する意識の相違は、男性が「ちゃんと食べたい」、女の人が「手がるに食べたい」という点です。

男性の上の方が主食独占なのに対し、女の人の上の方は4位の枝豆も含め、間食等だとしても食すことが出来る物が沢山ことが分かります。

冷凍食品をメーカーで選ぶ

どんなカテゴリではも、作製企業が数多く存在しているケースは、競争が生まれ、そして比較が行なわれます。

各作製企業、多様なコンセプトのなかで品物を開発、市販生産品するため、同じ種別の物であっても、その質や特色には大きな相違が生まれるのです。

そして、これらの作製企業の数が沢山カテゴリは、競争が激化し、切磋琢磨するため、必然的に全体の質が上がります。

これは、冷凍食品に関連しても例外ではありません。

冷凍食品を作製している作製企業は数多くあり、日々競い合うことで品質は常に進歩しています。

特に、冷凍保全手法に関連しては、10年前、20年前と比較検討した場合、飛躍的な向上を遂げたといえるでしょう。

そういうゆえんでは、作製企業が増加した場合いうこというのは、消費者にかなり歓迎すべきことです

ただ、作製企業が多くなりすぎたことによる弊害もあります。

冷凍品物に出来るクッキングや食材はどうしても限られており、あまりにも多彩な作製企業が参入したことで、一つの種別のフードに対し、かなり多くの品物が存在することとなり、選択するのに苦労した場合いう状況が生まれたことです。

たとえば、男性に大好評の高いチャーハンですが、主要作製企業が個々、それも数多くの種別を市販生産品しているので、かなり数多くの品物が市販生産品されており、どれを選択するか決めるだけで、相当時間が掛かります

既にお目当ての品物があれば問題ありませんが、そうでないケースは、どの品物がオイシいのか、あるいは高品質なのか等という点で迷ってしまうのです。

それを解決する為には、どの作製企業にどんな特色があって、どの食品に力を投入しているかということを知っておく必要があります。

各冷凍食品作製企業の特徴を捉え、買うべき品物を迷わず決められるようにしておきましょう