生産量の多い冷凍食品はどれ

国内では、そのシェアを急増させている冷凍食品

その中だとしても特に生産量が沢山品目は、果たしてどんな食品ですのでしょうか。

2009~2010年の、国内の冷凍食品の品目と生産数量を見ていきましょう。

11~20位は、グラタンやピザ等若い子に大好評の品物が多く見受けられます。

その一方で、おにぎり、魚類などのご年配者向けの品物も結構あり、幅ワイド品目がランクインしています。

トピックは、20位の「鶏唐揚」です。

圧倒的な大好評を誇る品物ですが、あまり生産量は多くないやうです。

6~10位は、餃子、シュウマイ、ミートボール、たこ焼きといったオーソドックス品物が並んでいます。

これらは冷凍食品におけるスタンダードであって、多くの世代から愛されている食品ですね。

お弁当のおかずとしての大好評も高く、使い勝手が良い物ばっかりです。

5位はカツ。

4位はハンバーグ。

いずれも若い人達が好んで食す品物です。

特にカツは、近頃の手法の拡大によって食感がかなり改善され、大好評を上げています。

3位はチャーハン&ピラフ

冷凍食品のチャーハンはたいへん味が良いと評判で、パラパラ感もあり、かなり大好評が高いやうです。

2位はうどん。

お弁当メニューではないので意外ですが、手がるに昼食に利用出来る点が大好評の原因で、特に女の人に大好評が高いやうです。

そして1位は、コロッケです。

お弁当のメニューとしても、夕食のおかずとしても使える上、老若男女隔たりなく愛されている食材ということで高い生産量を誇っているやうです。

生産量の少ない品目は

大好評の高い冷凍食品が、必ずしも生産数量が沢山というのは限りません。

というのも、生産量は重量ですので、品物のシェアだけでなく、その食材の重量が関わってくるからです。

これによって大好評の高い品物であっても、生産量の沢山品目もあれば、案外生産されていない品目もあります

世間一般的に大好評の食材だとしても、経費面や作製過程の問題で、あまり冷凍食品に利用されないという物もあります、。

たとえば、水産物を見てみると、魚やエビが沢山一方で、カニの生産量はかなりわずかというデータが出ています。

カニは言わずと知れた大好評食材ですが、冷凍食品に利用するには高額すぎるやうです。

農産物の生産量ではは、「じゃがいも」類がかなり多々を占めています。

フライドポテトをはじめ、コロッケ等、数多くの品物で利用されているからですね。

予想外な大好評品物が「ほうれん草」。

冷凍食品の中の野菜類ではは、際立った存在となっています

フライ類で生産量が沢山のは、全品目だとしてもTOPのコロッケ。

それ以外では、カツ、魚フライ、鶏唐揚が目立っています

一方で、いかフライやえびフライといったオーソドックス品物は、実はあまり生産量は多くありません。

炭水化物ジャンルの食品は、うどんとチャーハンが圧倒的な生産量を誇っています。

うどんは、それだけで他の全ての麺類の量を上回っていますし、チャーハンに関連しても、他の米類を圧倒しています。

冷凍食品市場では、この二つの品物は欠かすことの出来ない大好評品物ですのです

反対に、パスタやおにぎりといった品物の生産量は、想像ほど多くないということになります。

人気の冷凍食品は

生産量上の方の品物が現実に大好評が高いかというと、実はそうというのは限りません。

ここでは、それを証明する一つのデータを見ていきましょう。

gooが行ったアンケート「よくお世話になるおかず系冷凍食品」のランキングを見ていきます。

10位にはカツ、9位には魚のフライと揚げ物系がランクイン。

カツは生産量5位ですので、それと比べると大好評面ではやや下回っていることが分かります。

反対に、魚のフライは経費面やあっさり系の味が受け、上の方に入りました。

8位はたこ焼き、7位はハンバーグ。

このあたりは生産量と大半同じランキングリストで、供給と満足度のバランスが安定していることをうかがわせます。

6位はポテトフライ5位はコロッケ

ともに揚げ物のオーソドックスですが、生産量No.1のコロッケはここにランクイン。

際立ってお好き、という人はそう多くない一方で、あれば食すという人が沢山食品という感想や感じ方ですので、あるゆえん妥当な帰結かも知れません。

一方、ポテトはこどもの大好評がかなり高いやうですね。

4位はシューマイ。

3位は「それ以外」ですのでとばし、2位は餃子です。

この二つは冷凍保全との相性がとびっきりで、あるゆえん冷凍食品の代名詞ともいえる存在です。

冷凍手法が拡大する昔だとしてもオイシく食べられた食品ですので、幅ワイド層、特に高齢層から高い大好評を集めています

そして、栄えある1位は「唐揚」

生産量では20位ですが、大好評面では堂々のTOPです。

唐揚自体がたいへん大好評の高い食品であることが大きく影響している帰結でしょう。

そして何より近頃の手法で食感が飛躍的によくなったことも愛されている原因です