衛生面の問題

1990年代になると、一気に冷凍食品の幅が広まってきます

元々は「冷凍することによって保全が出来る」という概念から生まれた手法ですので、保全というメリットを前面に打ち出した手法として大好評を博しました

特に、大量に食品を保持しておく必要があるレストランや喫茶ショップ等では、各食材、クリームやケーキ類、あるいはピザ、グラタン等といった日持ちしない食品を冷凍し、流通した場合いう「業務用冷凍食品」は多くの利用者を生み、冷凍食品という手法は、食品市場では欠かせないものとなっていきました。

より一層、手法の飛躍的な進歩によって、それまでにはあり得なかった「揚げ物」や「焼き魚」「肉類」などの食品まだとしても冷凍食品として生み出され、お弁当のおかずとしての市民権を獲得していったのです。

その一方、根強い不信感が残されていたことも、事実としてありました。

食材を冷凍したからといって、ちゃんと品質が保全出来るのか…という疑念は、比較的早急に払拭できたのですが、「冷凍することが前提ですので、あまり品質の高くない物を利用しているのでは」「他の調理で余った物ばっかりを使用しているのではないか」といった疑念は、常に持たれていました。

特に、食材に関連しては輸入によって賄われている箇所も多く、その点への不安は多くの人が抱いています。

現実、2000年代に入り、中国から輸入した冷凍ほうれん草から残留農薬が検出されたり、冷凍餃子から有害物質が検出され、被害者が出たりする等、ショッキングな事件もありました。

しかしながら、これらの例外的な問題を除けば、冷凍食品という手法は安全面、衛生面に関連しては何も問題がなく、それは科学的な見地からも保証されています。

重大なのは、その手法を利用する人達、関わる人達のモラルということです。

風味と栄養価の保存

安全面、衛生面に関連しては、手法的な問題は全くない冷凍食品。

腐敗や食中毒といった、食の問題としてよく取り上げられるトラブルも、急速冷凍&低温貯蔵の冷凍食品というのは無縁のもので、たいへん安全な手法といえます。

この点に関連しては近頃かなり心得が進行しているやうです

ただ、「冷凍」という手法に関連して、それが食材の質の低下を招くのでは…?という疑念は、多くの人が抱いているものとおもわれます。

現実、生肉や魚、あるいは野菜等を冷凍保全して、しばらく経ってから解凍、調理をしたケース、少なからず芳香や味わいという点で劣化しているケースは多々あります。

これによって、「冷凍=芳香や味わいの劣化」という感想や感じ方が、かなり根強いのではないでしょうか。

結論からいえば、これは誤った先入観です。

確かに、冷凍したものを解凍したケース、食材の芳香や味わいが損なわれているケースはあります。

ただし、これはご身内用の冷凍冷蔵庫で冷凍したケースです。

あるくらい時間をかけて冷凍していく間に食品の組織が壊れ、芳香や味わいや栄養素が弱まるというこというのは、現実に発生し得ます。

ですが、冷凍食品のケースは「急速凍結」という手法を用いています。

この手法なら、食品の細胞が壊れず、芳香や味わいをそのまま閉じ込めることが可能ですのです。

マイナス18℃以下での保全を続けていればビタミンCなどの栄養素が大半損なわれないということも、研究によって明らかになっています。

現実、多くの名高いクッキング人が、冷凍食品に対して好意的な意見を述べています。

保全性という点だけじゃなく芳香や味わい、栄養という面ではも、冷凍食品は優秀ですのです、。

おかずのバリエーションが豊かに

近頃、冷凍食品が普及した最大の理由。

それは、お弁当に利用する上で、たいへん大きなメリットがあるからだと言われています。

昼食は家から持って来たお弁当で済ます、という実世の中一般人もかなり増加してきており、お弁当需要というのはたいへん多くなってきているのです。

冷凍食品がお弁当にもたらすメリットは数多くありますが、特に大きいものでは「おかずのバリエーションが潤沢になる」という点でしょう。

手創りだと、どうしても種別を多く造るのは大変です。

手間もお金も掛かります。

ですが、冷凍食品のケースは、こういった問題点が全てスポイルされるのです。

たとえばこどものお弁当を造るケース、出来るだけおかずは多く、栄養潤沢にしたいとおもうものですね。

肉類、野菜、デザート…各種揃えることで見栄えもよくなり、健康にもプラスになります、。

何より、飽きられないという点が大きいですね。

冷凍食品のケース、これらのおかずを各種揃えて小出しにし、残りは冷凍庫で保全した場合いう利用法が容易に出来るというのが大きなメリットとなってきます。

冷凍庫のスペースに余裕があるケースは、あらかじめ多くの冷凍食品を買いためておき、その中から一週間のメニューの組み合わせを考えて少しばっかりずつ使用していくという方式も出来ます。

おかずを考えるだけだとしても相当苦労するお弁当創りでは、これほど力強い味方はないでしょう。

たいへん多くの種別のおかずが市販生産品されているので、お弁当創りには最適な品物といえます。