住宅購入時

マイホームを購入して住宅ローンを組んだら、それと一気に生命保険に加入していることをご存知ですか。
住宅ローンの選び方は数多くある金融機関の中から選ぶことになるのですが、住宅ローンを選ぶとその金融機関で「団信」にも加入することになります。
「団信」をまさに略さずにいうと「団体信用生命保険」となります。
これは毎年いくらか保険を支払っていくと、男性に何かあって男性が死亡してしまったとき、あるいは高度障害をおったときそれ以降の住宅ローンの返済を免除繋がるというものです。
遺族がローンを払い積み重ねるという心配がない生命保険です。
住宅ローンで住宅を購入したためにまさかの場合の住宅費の心配がなくなって、何かあってもその分保険金額が節約出来るというわけです。
ですから住宅を購入して住宅ローンを組んだ場合は、一緒に保険も見直す良い機会です。
住宅ローンと通常の生命保険についてまとめて相談するなら取り敢えず達人にするのが一番です。
いまや入っている生命保険などの中に住宅資金の保障などが入っていると重複加入になるので注意しましょう。
団信は金融機関がローンにおいている利用者の分をまとめて生命保険会社に依頼しているので、掛け金が安くて年齢による金額差が弱いためメリットのある保険だと思います。
団信は基本的にいかなる住宅ローンにもついてきますから、選び方はとりわけありません。
住宅ローンをどこに依頼するかその金融機関を考えればいいのです。
住宅ローンによって減額できた掛け金をローンの繰上返済にまわすのもいいと思います。