13.毛布などの収納場所に困ったら!

毛布を洗濯したり、干したりする時と同様に、悩みの種となるのが収納場所。
ほとんどは掛け布団とセットで、弱ることが多いのではないでしょうか。
羽毛布団の場合、重量は軽くて済むのですがさっそくかさばりますよね。
この場合それでは、羽毛布団の方をコンパクト化する方法を考えた方が良いでしょう。
そんな時はコンパクト化できるように、羽毛布団専用の収納ケースに閉じ込めるのが効果的です。
ありのまま入れておくよりも、かなりのスペースが確保できるようになります。
毛布は普通にたたんで入れても良いですし、羽毛布団と同じように収納ケースに入れておいても良いでしょう。
以前は圧縮袋に取り入れるという方法もありましたが、圧縮袋は羽毛のために避けた方が無難だと思います。
収納ケースの場合、コンパクトに収納できるだけでなくキレイに積み重ねることができるので、押し入れの上部に隙間を仕立てること無く、積み木のように賢く重ねればスペースを設けることができます。
空いたスペースには、他のものを含めるなど有効活用できますよ!
他に最近では、毛布や布団をインテリアの一部にする、という収納方法もあるようです。
たとえば丸っこい形の収納ケースと、角型の収納ケースを利用してソファー代りにするというもの。
これは手作りでもできます。
自分のスキな柄の大きめの布で毛布をくるみ、両端をリボンで結べば手作りのソファーになります。
押し入れが弱い場合けれども、日中はこのようにインテリアの一部として利用し、夜はそれを崩して寝具として使えば一石二鳥ですね。
収納場所に考え込むどころか、生活に欠かせないインテリアになりますよ!