12.毛布の干し場に困ったら!

毛布に限らずですが、洗濯ものの干し場に困ったことはありませんか?
夏場はまだ良いのですが、梅雨時や冬場の洗濯ものの乾燥は意外と困りますよね。
とにかく毛布などの大ものとなるとさらにです。
一軒家でなく集合住宅となると、余計頭のつらい問題となります。
ベランダはあっても、どうも一軒家のように広々ノビノビとは干せないですよね。
でも大丈夫!天気に恵まれなくても、限られたスペースを利用して干し場を探る、随分力強いグッズがあります。
■大量の洗濯もの、大もの洗いの助っ人ランドリースタンド
 竿が4本ついている大量干しタイプにも関わらず、部屋の中に置けるコンパクトタイプ。
 エアコンの風の通り道に設置すれば、乾燥の効率もアップします。
■突っ張り棒のみのコンパクトタイプ
 天上と床に突っ張り棒を立て、その間に竿を2本を設置出来る室内タイプ。
 窓際に設置すれば乾燥の効率がアップ。
使用控える時は竿を外しておけばスマート。
■ベランダ設置タイプ
 突っ張り棒の原理のスタンド、ベランダの外側ではなく出入り口側に設置するので多々安心。
壁廻りの長押部分を利用した竿ソケットなるフックや、窓枠に設置する竿ホルダー、カーテンレールの両端にチェーンを掛け、そこに竿を通すというタイプなど、他にも色々な便利グッズがあります。
「けれども長押部分に掛けるのは重量的に心配」「壁に穴をあけるなんて論外!」という方、大丈夫です!
僅か原始的ですが、高さのある脚立を二つ用意して、その間に突っ張り棒などを置いて竿の代りにするという手もあります。