17.コスパ重視タイプにオススメの毛布!

毛布1つとっても、色々な種類があり値段もピンからキリです。
上限を設けなければ質の良いものがあるのは当然ですが、まとまった数となるとまずまず一枚一枚にお金は掛けられませんよね。
コスパで考えるなら、ポリエステル毛布がオススメです!
近年流行しているフリース材料もポリエステル系なので、毛布材料としても注目されるようになり種類も目立ちきています。
■ポリエステル毛布
 ・一旦価格が非常にリーズナブル。
 ・重量が気持ちよく肌触りも可愛い上に、非常に強い繊維なので扱いがラク。
 ・家で洗濯できて汚れも落ち易い、また乾き易いというのもポイントが良い。
 ・耐久性、耐熱性がある。
 ・適度な保温性がある。
(残念な点)
 ・吸湿性がちっちゃい
安価な上に繊維がだいぶきつく長持ちするので、コスパは全然良いと思います。
まとまった量の毛布を購入する必要があるなど、とりわけコスパを最優先に狙う時はポリエステル毛布がベストでしょう。
ただ吸湿性・放湿性が乏しいため、汗をかいてしまうと布団の中がジメつき体温が飛び降りる、など快眠度も低くなる可能性もあります。
また保温性に関しても、適度にはあるのですが掛け布団・敷き布団のタイプによっては、温かみが足りない場合も考えられます。
このことから、ポリエステル毛布を使用する際は、毛布の機能性を単体で位置づけるのではなく、掛け敷き布団や敷きパッドなど他の寝具との組み合わせを工夫するなど、トータル的に感じ取ることが大事になります。