家庭菜園の問題「連作」

家庭菜園をするにあたり、初心者が気をつけなければならないことは、いろいろあります。
家庭菜園は、今やブームですので、本も充分出版されています。
また、女性雑誌などでも、特集されている機会が数多く、みなさんも目にしたことが多いと思います。
初心者が知らないと当てはまる野菜作りのポイントですが、「連作」というものがあります。
「連作」みなさんはこの言葉をご存知でしょうか?
「連作」とは、その字の通り、おんなじ野菜を、毎年、おんなじ場所で作っていると、年々、収穫量が収まることがあります。
また、その場所に病気や害虫が出やすくなります。
ふと、「トマトは毎年ここで、ナスはここ!」って決めて育ててしまう。
現にそうやっている人で、連作の被害が出ているのに気が付かないままでいることもあります。
それは、前の年の収穫で土の栄養が使われ、栄養分が足りなくなっていることにより収穫が鎮まるのです。
また、病害虫がその土に残っていることもあります。
連作が起きてしまうのは、厳密に言うと同じ野菜だけでなく、おんなじ科のなかまにも起こってしまいます。
トマトとナスは、おんなじ科ですから、これらは連作注意です。
何科に属する野菜なのか、初心者の方は苗を購入する際にチェックしたほうが良いですね。
ですから、最初に植えるときはどこでも良いでしょうが、次の年からは気をつけたほうが良いのです。
3年とか、5年とか、おんなじ場所を避けて野菜を植えたほうが良いと言われています。
 

家庭菜園の問題「連作」続き

ほかにも接木苗を使うと連作障害を避けられます。
これは効果的方法ですが、ちょっと値段が高いです。
家庭菜園を通じてみたいとしている初心者の方はここまですることはないと思います。
これは、根が別の野菜で、上だけ収穫しよ野菜になっているということです。
野菜が別なのに、ひとつの木になっているなんて楽しいですね。
連作障害が齎し難いと言われ、販売されていますが、絶対に連作が起きないというわけではありません。
連作は、植える場所を切り替えることで防ぐほか、薬として防ぐことも出来ますが、家庭菜園ではそれは避けたいという方が多いです。
農薬を使うことは出来るだけしたくない、それほど考えている人は数多くいらっしゃいます。
ですから、連作を引き起こさないために、毎年、違う場所で野菜を育てましょう。
トマトは今年、この場所に植えたということをメモにでも書いて覚えておきます。
その場所には来年、まったく違うものを植えます。
そうしていけば連作を防ぐことが出来るでしょう。
間に通路を作ったりすれば、通路のバックなど、距離を開けることが出来ます。
初心者のうちはそういった、野菜の距離も考えて、畑での野菜の配置も考えて置くと良いでしょう。
また、おんなじ科の野菜ばかり育てないように、とても別の仲間である野菜を育てたいものです。
ナスやトマトばかりでなく、エンドウや、トウモロコシも育て上げると良いでしょう。
毎年、そうして上手に家庭菜園の場所を回していけたらよいですね。
 

家庭菜園には通路が必要

一戸建てのおうちでお庭が大きいと最高ですよね。
殊に家庭菜園のスペースがめっちゃあるおうちは羨ましいです。
マンションですと家庭菜園も、サービスターで野菜を育て上げるしかありませんが、庭のあるおうちなら畑も仕立てることが出来ますよね。
さて、野菜作りの初心者は、育てたいとしている野菜が沢山ありすぎるでしょう。
あれもこれもと、何やかや植えて、小さい畑になって仕舞うこともあります。
初心者の方ですと、通路などを徹頭徹尾考えずに野菜を植えてしまう方が多いです。
そうなると、通路や、スペースを取らない、野菜がぎっしりと詰まった畑になってしまいます。
自分の作業効率を考えると通路は必須なのですが、実際に困ってみないとこれはわかりません。
いざ、野菜たちがジャンジャン育って、茂って来たとき、自分の混じる窮屈ことに気が付くのです。
また、通路を設けても、自分が取り入れるくらいぎりぎりの狭さにする人もいます。
通路の不可欠を「手が届いて手入れが出来き、収穫が出来れば素晴らしい」くらいに考えている人が多いのです。
本当は通路は作業のためだけに設けなければならないのではありません。
本当は、通路には風通しを良くしたり、日当たりを良くしたり、このような効果があるのです。
風通しが悪いと野菜が病気になりやすくなります。
当然ですが、日当たりが悪いと野菜は元気に育ちません。
では、理想の通路はどれくらい取れば良いのでしょうか?
驚くことに、本当は、畑の半分が通路になるくらいが理想です。
そのつもりで野菜を上、通路の場所をキープすると良いのです。