家庭菜園の初心者向け野菜その1

家庭菜園初心者にも簡単に収穫できそうな野菜をご紹介ください。
その時期に合った野菜を育てて収穫の喜びを味わいたいものです。
さて、初心者対し野菜、そのひとつめはピーマンです。
5月中ごろに植え付けます。
収穫出来るのは、7月から8月となります。
初心者は、ピーマンの苗を購入して植えましょう。
苗を植えるポイントですが、根の部分の土をほぐしたり、壊したりしないようにください。
土の中に浅めに植えます。
元肥ですが、十分に与えてやると、株の勢いが良くなります。
随時水を通して乾燥させないようにすれば良いだけで、あとはほっておいても大丈夫です。
ピーマンだけでなく、シシトウも同じように簡単に育て上げることが出来ますよ。
ピーマンが嫌いというお子さんも多いようですね。
ですが、自分で植えて育てたピーマンは召し上がることが出来たお子さんも多いようです。
ですから、家庭菜園はお子さんの野菜嫌いを治すことが出来るかもしれません。
ピーマン嫌いのお子さんがあるご家庭は、苗を植えるときから、お子さんと共にやってみてはいかがでしょうか。
さて、ほかにも実エンドウは初心者が育て上げるには嬉しい野菜です。
実エンドウは、10月下旬から11月に植えつけます。
そんなにすると、翌年の春から夏にかけて収穫できます。
これは、種を購入し、種から育てます。
ポイントとしては、通常の酸性の土では不向きですので、苦土石灰をホームセンターなどで購入し、土に混ぜて中和させましょう。
 

家庭菜園の初心者向け野菜その2

実エンドウは、寒さに強いですから、冬を越すことは出来ますが、夏前には収穫します。
種のまき方ところが、30センチの間隔をあけて、4粒くらいずつまきましょう。
冬を越している間は、茎が伸びませんので、それを見ると枯れてしまったかと心配になる人が多いのですが、根がきちんと育っていますので心配は不要です。
温かく繋がると、いっぺんに新芽が伸びてきて、余計大きくなります。
最も世話も必要ありませんから、初心者けれども実エンドウなら、ラクラク家庭菜園が楽しめるでしょう。
さて、夏の野菜、キュウリも家庭菜園では沢山の人が育てているようです。
キュウリは4月から5月にかけて苗を植えます。
初夏から秋にかけて長く収穫が出来る野菜です。
キュウリは、暑さに強い野菜ですし、害虫にも割に手強いので、初心者にお勧めです。
ポイントも必ずしも難しくなく、葉を整理して、風通しよくしてあげることです。
そうして、実が付いてきたら、早い段階で収穫します。
実をすごく育てていると、株の勢いが弱まってしまい、ほかの実りも悪くなってしまいます。
ういういしいうちに次々収穫し食べましょう。
ゴーヤは高温にも乾燥状態にも凄い夏野菜ですから、初心者でしたらぜひトライしてみたい野菜です。
4月から5月に、種をまき、収穫は8月から9月です。
栽培のポイントですが、本葉が6枚くらいになったら、摘芯をください。
そうして、子づる、孫づるをどんどん伸ばしてあげます。
これは、子づる、孫づるにゴーヤの実がなるからです。
 

家庭菜園の初心者向け野菜その3

家庭菜園であっても、幅広い場所でゴーヤを植えるときは、摘芯は不要です。
一際硬い野菜なので、初心者それでも収穫が楽しめます。
我が家はゴーヤを毎年植えているのですが、一階にあるリビングの窓を全部囲うようにゴーヤを栽培しています。
それを専ら二階のベランダまでネットをつなげています。
家庭菜園で育てている野菜の中それでも、一番、激しく育って得る簡単な野菜ですから、初心者も安心ですね。
レタス類の、サニーレタスや、リーフレタスも初心者向きです。
4月から5月に種をまき、6月から7月に収穫できます。
レタス類は季節を選ぶものもありますが、種類によっては一年中望めるものもあります。
種類ターで育て上げることが出来るので、家庭菜園には合う野菜です。
毎日少しずつ収穫できるのも、楽しみのひとつです。
レタスの種まきのポイントは、種の上に土をかぶせず、種類ターでしたら軽々しくたたく程度にします。
発芽するまでは、新聞紙をかけておくなど、また、まめに水をあげ、乾燥させないように気をつけましょう。
芽が出たら、ある程度、間引きください。
私は間引きしたものを別の種類ターに植えて育てています。
これなら、その分、収穫が増えますからね。
芽が出たときが滅法良く愛着がわきますよ。
また、ハツカダイコンも一年中決めることが出来るので家庭菜園ではかわいく栽培されています。
簡単に収穫までたどり着きますから、ハツカダイコンでしたら、初心者それでも、まだまだ安心して育て上げることが出来ます。
 

家庭菜園の初心者向け野菜その4

ハツカダイコンは種から育てますが、時期は誠にいつでも大丈夫なのです。
そうして、収穫は4週間後と速いことも嬉しいですよね。
真冬はさすがに避けたほうが良いですが、それ以外でしたら、いつでも種まき可能です。
ハツカダイコンのためのスペースを考える必要がなく、畑でしたら、ちょっとした隙間、空いている場所などでも大丈夫。
勿論、ベランダに種類ターをおいて作り上げることが出来ますから、家庭菜園に適した野菜です。
これなら初心者けれども安心ですね。
ハツカダイコンの種は、すじまきをします。
そうして、気持ちよく土をかけます。
収穫期が過ぎると、実が割れてしまいますので早めに収穫したいものです。
ピクルスにしたり、サラダにしたり、食卓の彩りが豊かになる甘い野菜がハツカダイコンです。
甘い芽キャベツも初心者対しです。
大きいな通常のキャベツは、青虫などの被害に合い易いので、栽培も初心者だと難しいです。
ですが、芽キャベツなら、種類ターもオッケーなので安心です。
7月くらいに種まきをはじめ、収穫は秋の10月から、翌年の3月くらいまでと長いです。
暑さや、乾燥にもろいため、水を切らさないように気をつけましょう。
直射日光にかからないよう日よけを作ります。
また、風通しを美しくするため、下の葉は省きましょう。
茎の下部に、芽キャベツが集まってなり生み出したら収穫してオッケーです。
秋から翌年の春前くらいまで、長くゆっくりと喜べる初心者向きの野菜が芽キャベツです。
さて、初心者けれども安心な野菜を何かとご紹介しました。
さっそく、家庭菜園にトライしてみてはいかがでしょうか?