初心者でもわかるフードマイレージと家庭菜園

みなさんは、フードマイレージという言葉を、聞いたことがありますか?
これは、野菜など、食料の重さと、マテリアルから我ら消費者が住む消費地までの距離と関係があります。
食料の重さと、その距離を掛け合わせて、フードマイレージが算出されるのです。
このフードマイレージの数が大きいほど、それは環境に負荷を与えているということです。
環境保護の関係で、フードマイレージの意識は、最近、高まって来ています。
ですから、地元で取れた食材を地元で取る、地産地消という言葉が出来たのでしょうね。
考えてみれば、遠くの国で取れたきついカボチャを、日本まで運んでくるとしたら大変ですよね。
果して、どれだけのガソリンや、燃料がかかってしまっているでしょうか。
そんなに考えてみるとフードマイレージは、地球環境にも強く関係しているわけです。
では、フードマイレージを低くするためには、私たちはどのようにしたら良いのでしょうか?
それは、先ほどのお話した地産地消です。
地元で取れたものを、つぎつぎ食べましょう。
そうして、究極のフードマイレージをゼロにする方法があります。
それが、家庭菜園なのです。
自宅で野菜を決めることは、安全であり、エコロジーです。
初心者それでも趣味としてスタートさせることは簡単です。
家庭菜園はやればやっただけ収穫が期待できますから、初心者の方けれども初めてやり生み出したら囚われること間違いなしでしょう。
子供たちへ残す未来の地球環境を考えたら、みなさんもフードマイレージに敏感になったほうが良いのです。
 

初心者にお勧めの家庭菜園その1

お庭やベランダで、野菜を自分で育ててみたいとしている方、どうしてもいらっしゃると思います。
やはり、もう野菜を作っている人いらっしゃるでしょう。
最初は庭や、プランターで作っていたけれど、やがて、趣味が高じて畑を借りている人もいるようです。
畑を借りて野菜を作りあげることが出来たら、その収穫も大層期待できそうですね。
私の友人も、趣味から本格的な野菜作りに移行した話も素晴らしく聞きます。
彼女、次は田舎暮らしにあこがれているようです。
さて、家庭菜園を始めたいとしているけど、何をどうしたらよいのか極めてわからないという方もいらっしゃいます。
このような初心者の方は、特に、簡単に焼ける野菜を選ぶことから、家庭菜園は始まります。
育て上げるのにも手間が掛からず、収穫が簡単にできる野菜を育てれば、初心者けれども成功するでしょう。
それには、いかなる環境で育てたいのか、これがポイントになります。
庭なのか、プランターなのか、日当たりが良いのか、いまいち酷いのか、環境に役に立つ野菜を選び育て上げることで成功するでしょう。
野菜を育て出向く上で心配なことは、野菜が病気になって仕舞うことや、害虫がついて仕舞うことです。
これらに割に激しい野菜を、選んで育ててみましょう。
手間いらずであり、初心者にも安心の野菜は、シシトウ、そしてカブです。
カブの中で代表的な野菜である、二十日ダイコン、みなさんはご存知でしょうか?
赤くて小さくて眩しいカブが二十日ダイコンなのです。
 

初心者にお勧めの家庭菜園その2

二十日ダイコンは、初心者が簡単に栽培できることだけでなく、味も美味しいですよ。
サラダに取り入れると彩りも美しく、おししく食べられます。
このカブ、二十日ダイコンは、名前の通り、20日余りで収穫できるというお手軽な野菜なのです。
通常の野菜は数ヶ月くらい収穫までかかりますから、これでしたら初心者の方も早く収穫できます。
種を購入し、それをコースターに植えたり、庭に植えたりするだけ、手間はちっともかかりません。
赤い実が土から顔を少々出している姿はとてもキュートですよ。
また、みなさん、ご存知のレタスも簡単で初心者向きです。
家庭菜園でリーフレタスやベビーレタスを育てている人は多いようです。
これらは、季節を選ばず栽培できますから、初心者にはぎゅっと良し野菜でしょう。
やっと種を買っても、蒔く時期が未だ先だとすると、どうにか家庭菜園をやる気になったのに失望ですよね。
レタスはそんなことがありませんから、いつでも気が役立つときに植えることが出来ます。
ベビーレタスのミックス種も販売されていますから、これを一袋購入すれば、一度に各種レタスが楽しめます。
ベビーレタスは栄養も多く、見た目もおしゃれなのです。
ですから、家庭菜園を楽しんでいる人だけでなく、ガーデニングを通している人も、育てていると言います。
コンパニオンコースツと呼ばれているハニーゴールドは野菜と相性が良いお花です。
これらの野菜と共に植えると、野菜の成長を促進してもらえる。
 

初心者にお勧めの家庭菜園その3

また、ハニーゴールドは、見た目にも美しいので、野菜を植えるだけでなく、このようなお花を一緒に育て上げることはお勧めです。
レタスだけ植えても見た目が寂しいという方には、ぴったりのお花でしょう。
さて、カブや、レタスは初心者向けとお話しましたが、ハーブも初心者にはちょうど良いと思います。
ハーブはお料理や、お茶、また、ポプリにしたり、お菓子に使ったりと用途がさまざまです。
更に、凄い品種が多いので植えておくだけで、どっさり育ち、増えて行きます。
とりわけミントは雑草のように茂ってきますから、びっくりしますよ。
家庭菜園もハーブを育てている人は多いようですし、ガーデニングを趣味としている人にもハーブは大人気です。
コースターでも十分育ちますし、ベランダでハーブを育ててみても良いですね。
また、庭現状でハーブを育てている人もいるようで、ハーブガーデンと呼ばれています。
必ずしも沢山のハーブがあったら、毎日、何に使おうか楽しみで仕方ないですよね。
このように家庭菜園は何も野菜だけではありません。
初心者にも安心で、しかも、おしゃれであり、用途も楽しいハーブも育ててみてはいかがでしょうか。
ハーブを育てたら、一日、各種楽しみが出来ます。
お料理に使うだけでなく、午後からは徐々にハーブティーを楽しむ時間を設けても良いでしょう。
初心者は、何よりも収穫の楽しみを食らうことが先決です。
ハーブでしたら、苗で購入すれば、手っ取り早いですし、一気にハーブを楽しむことが出来ますね。