ソーラーパネルの選び方

多彩なタイプの太陽電池が存在している太陽光発電ですが、ソーラーパネルを設置する際には、どの太陽電池を選択するべきなのでしょうか。
もちろん、それぞれの太陽電池には特徴があるので、自分の好みや環境、環境などを見た上で判断するのがベストです。
とはいえ、ついに太陽光発電を導入する人にとっては、なんだかそれができないというのが実状でしょう。
なので、ソーラーパネルの選び方をいくつか紹介していきます。
ソーラーパネルを選ぶ際、重視する点は、発電量と費用の二つです。
ひとまず発電量ですが、これは家の屋根の面積が凄まじく関わって来る。
例えば、屋根が小さく、あんまり大きなソーラーパネルを設置できない環境の場合、あまり発電効率が悪いものを選ぶと、発電量が不足する可能性があります。
そうなると、太陽光発電のメリットは損なわれてしまいます。
そうならないためにも、それでは単位面積あたりの発電量がどのくらいかを確認した上で、購入することをお奨めします。
費用に関しては、ただ安ければ素晴らしいというわけではありません。
重要なのは、安い費用で発電量をしっかりと確保できる、「コストパフォーマンスの良い商品」を選ぶということです。
一見割高に思える「HIT太陽電池」などは、本当は結構コストパフォーマンスに優れたソーラーパネルだったりします。
重要なのは、くらしを安定させた上で、費用を抑えるということです。
電気は、日常生活で常に使用する物です。
そのため、コストを押えるだけではなく、生活に支障がない量を確保することを念頭に置いて選ぶようにください。

ソーラーパネルの容量と費用

太陽電池を選ぶ上で重要なことは、生活の中で使用する電気量と、ソーラーパネルで発電出来る電気量をなるべくほど近い値にするという点です。
これがもしも、ソーラーパネルの発電量が少なければ、生活基盤が揺らいで仕舞うことになります。
発電量が多過ぎる場合は、電力会社に余剰電力を並べることが出来るため、その点は心配は不要ですが、出来ることなら最小限の初期費用で生活を安定させたいという家庭が多いのではないでしょうか。
そういった意味で、購入時に特に気を配るべき点は、ソーラーパネルの容量です。
ソーラーパネルの容量は、発電量に比例します。
つまり、大きいほうが電気も多く焼き上げるということです。
ここで重要となって生じるのは、「ソーラーパネルの設置容量と、生活に必要な電気量の関係」と、「1kwあたりの費用」です。
どれくらいのソーラーパネルの設置容量であれば、日常生活に差し支えがないのか。
単位容量における費用はどれくらいなのか。
この二点を抑えておけば、初期費用で凄まじく損をするということは干上がるでしょう。
一般的に、四人で暮す家庭の場合、太陽光発電システムの設置容量が「4kw」であれば、日常生活に支障のない量の電気が確保出来るといわれています。
しかし、これはあくまで平均的な数字です。
エアコンをあまり使わない、冷蔵庫がちっちゃい、照明をあまり利用しないといった家庭であれば、「3kw」で適切ケースもあります。
一方、1kwあたりの費用の相場は、だいたい50~60万円としています。
そのため、一般家庭で使用する太陽光発電システムにかかる初期費用は、150~250万円の範囲に減るのです。

ソーラーパネル設置の有利、不利

基本的に、ソーラーパネルは屋根に組み合わせるものです。
屋根でなければならないという決まりはありませんが、太陽光をとにかく効率よく詰めることが出来るのは、ほとんどの家においては屋根の部分でしょう。
そのため、ソーラーパネルを設置する場合には、屋根の傾斜や広さ等が、引き続き設置の条件となります。
ただ、デザインを重視した個性的な家でない限り、極端に急性斜面になっていたり、狭まっていたりという屋根はないものと考えられます。
一軒屋の場合、屋根そのものの個性というものはあまりなく、ざっと同じ条件で設置が可能となるでしょう。
従って、有利不利という問題はあまりありません。
一方、周囲の気候条件という点では、全然有利な点と不利な点がハッキリします。
ソーラーパネルを設置する上で、温度は大きく影響を及ぼすからです。
例外的な太陽電池もありますが、多くの場合は温度が高いほど発電効率が落ちます。
従って、気温の高い地域では不利ということになります。
とはいえ、近年の日本では、夏場はどこも暑く、それこそ北海道や東北の一部を除けば、さほど気温に差はありません。
そのため、この点もナイーブになる必要はないでしょう。
問題は、雪の多い地域です。
ソーラーパネルは、積雪によってパネルが隠れてしまうと発電ができません。
ただ、本当はこれも大きな問題になることは乏しいようです。
ソーラーパネルは滑り易く、また見た目の雪が溶け易いので、パネル上に雪が積もったとしても滅多に落雪してしまいます。