薄膜シリコン型太陽電池

シリコンによる太陽電池は、元々単結晶シリコン型太陽電池と多結晶シリコン型太陽電池が主流となっていました。
ただ、近年それでは一般家庭が太陽光発電を導入する件数がとっても増加してあり、その影響もあって、コスト面において単結晶シリコン型太陽電池の需要が静まり、一層安価な技術が求められるようになりました。
それに報いる形で誕生したのが、薄膜シリコン型太陽電池です。
アモルファスシリコン型とも呼ばれている薄膜シリコン型太陽電池は、その名の通り、非常にない「シリコンの膜」を使用します。
ガラス基板等にシリコンの膜を蒸着し、それを基盤として使用するという方法で、シリコンの量は結晶型の二つと比較すると、すこぶる100分の1程度に抑えられています。
割高シリコンがコスト面のネックとなっているシリコン型太陽電池にあって、薄膜シリコン型太陽電池は、非常に大きな節約を達成した商品といえるでしょう。
但し、コスト面を思い切り抑えた反面、電気変換効率は他の結晶型の二つには劣り、7~10%という数字になっています。
この変換効率は、太陽電池の中それではとても酷い部類に入ります。
従って、ソーラーパネルを設置する場合、環境や面積によっては、発電量が痛い状況に罹る可能性も否定できません。
とはいえ、欠点らしいところはそれくらいで、価格を抑えられるというだけではなく、ソーラーパネルの弱点もある温度変化による発電量のムラも最小限に抑えられるという長所もあります。
近年で何より注目を詰める太陽電池といえるでしょう。

HIT太陽電池

技術というものは、ある程度突き詰めると、そこに「統合」という可能性が生まれてしまう。
つまり、複合する技術同士を組み合わせて長所をより伸ばし、短所を補い合うという発想です。
これは、例えば会社の合併など、様々な面においてよく在る方法ですね。
無駄を取り除き、出力を振り上げるという意味では、統合は非常に有効な手段です。
この統合は、太陽電池においても行われています。
HIT太陽電池と呼ばれる商品が、それに該当します。
HIT太陽電池は、単結晶シリコン太陽電池と薄膜シリコン型太陽電池を統合したハイブリッドの太陽電池です。
コスト面でなかなか厳しくついて仕舞うものの、発電効率が非常に高い単結晶シリコン型。
コストはかなり抑えられているものの、効率という面で劣る薄膜シリコン型。
その二つを統合させることで、効率を上げてコストを食い止めるという狙いの下に生まれた商品なのです。
ただ、近年においてこの技術はどうしてもその自由自在になっているかというと、それほどとは限りません。
というのも、HIT太陽電池は、単結晶シリコン太陽電池よりも単位出力あたりの価格が最も高くなっているのです。
コスト面の削減という意味では、必ず賢くはいっていないということですね。
ただ、価格がおっきいからといって、それが必ず商品として不利かというと、そうとも限りません。
発電効率は非常によく、細い屋根もソーラーパネルを設置出来るというメリットがあるからです。
この技術によって、再び一般家庭にソーラーパネルの設置数が増えたといえるでしょう。

化合物系太陽電池

シリコン系のソーラーパネルは、結構コスト面において負担がかかってしまいます。
その欠点を償うという方向性で薄膜シリコン型のソーラーパネルが誕生しましたが、その分やっぱ発電効率が犠牲になって仕舞うため、一般家庭も手が届く商品というコンセプトにおいては、ちょっと改善の余地があるものと考えられます。
こんな中、ひとつの方向性として示されているのが、「化合もの系太陽電池」と呼ばれる、シリコンを用いない太陽電池です。
化合もの系太陽電池では、銅、セレン、インジウムなどを使用する「CIS系太陽電池」が最も良い知名度を誇ってあり、この他にも「GaAs単結晶」「Cd化合もの薄膜」などを使ったものもあります。
これらの太陽電池は、割に近年研究がスタートし、アクティベーションが始まったばかりの技術です。
そのため、今後ますます発展して出向く余地が多分に残されています。
断然大きなメリットは、コスト面だけではなく、シリコン系の太陽電池に対して、無い、軽々しいという点が挙げられます。
ソーラーパネルの重量はほぼ無視できない問題で、重量制限にあてはまる家というのも弱いわけではありません。
何とかそういった制限に引っかからなくても、屋根に苦しいものを乗せるということに違いはなく、少なからず家には負担がかかります。
従って、小気味よいに越したことはありません。
また、省エネルギー、省資源といった観点からも、発展が期待できる技術として注目が集まっています。
シリコンを使わないソーラーパネルという方向性も、今後太陽光発電が一般化して行く上では有効な道筋となるでしょう。