ソーラーパネルを学ぼう

太陽光を通じて発電を行う上で、絶対に外すことのできないものといえば、ソーラーパネルです。
ソーラーパネルは、度々「太陽電池」とも呼ばれていますが、正確には太陽電池を多数並べてパネル状にしたものがソーラーパネルです。
従って、「ソーラーパネル=太陽電池の集まり」と考えれば、差し支えはないでしょう。
ソーラーパネルは太陽光発電のシステムそのもので、このパネル内で電気への変換が行われます。
但し、これだけあれば太陽光発電ができるというわけではありません。
太陽電池を電気的に相互接続する必要があり、また共々他のシステムとの接続も必須です。
従って、様々な周辺機器も必要となります。
ソーラーパネルだけの値段を見て、太陽光発電に必要な経費はこれくらいか、として予算を組むのは危険です。
ソーラーパネルの特徴は、「脆い」ということと、種類が多くあるということです。
太陽電池自体が非常に元来機器なので、ありとあらゆる外部からの干渉に対して故障の原因、性能や寿命の低下を生んでしまいます。
そのため、輸送や設置には細心の注意を払わなくてはなりません。
また、ソーラーパネル設置これからも、雹という手ごわいものが降ってきた場合は、故障してしまう可能性が否定できません。
基本的には、降雨や積雪などの刺激はしっかりとガードされていますが、それ以上に著しい刺激には要注意です。
種類が豊富な理由としては、発展途上の技術であるという点が挙げられます。
未だに「これ」というものが定まっていないのが現状です。
とはいえ、現在世に出ているソーラーパネルはかなり進歩してきてあり、ゆるゆる練磨されているので、普及率にはかなり差が出てきています。

単結晶シリコン型太陽電池

現在はとても普及し、種類も豊富になってきているソーラーパネルですが、こんな中で最初に研究されたのは「単結晶シリコン型太陽電池」というタイプのものでした。
単結晶シリコン型太陽電池は、シリコン単結晶のウエハーを基盤にしてあり、最古の太陽電池でありながら、非常におっきい変換効率を誇っている点が特徴です。
そのため、太陽光を電気とする効率は厳しく、そのシェアはかなり高めとなっています。
また、古くさい歴史を所持していることから、精度も良いといえるでしょう。
ただ、その一方で、シリコン結晶という非常に高め材料を使用しているので、製造コストという面ではずいぶん高くなってしまいます。
勿論、売値も他の太陽電池と比較すると高めになるので、商品としてはやっぱ高め部類に入ってしまいます。
法人が利用する分にはまだ良いのですが、個人が購入するソーラーパネルとしては、幾分激しくついて仕舞うという点が問題となります。
近年は、コスト軽減という流れが太陽光発電の分野で顕著に見て取れるため、単結晶シリコン型太陽電池はだんだん占拠率が減っていくだろうと予想されています。
シリコン結晶を使わないについてにはいかないので、太陽電池単体の節電が困難という点が最大の理由でしょう。
とはいえ、人類が最初に着手した太陽電池であるについてから、その歴史的価値は激しく、今後衰退して出向くことはあっても、その存在自体が消えてしまうということはないと思われます。
数ある太陽電池は、全てここから始まったのです。

多結晶シリコン型太陽電池

単結晶シリコン型太陽電池同様、シリコンを使用した太陽電池として「多結晶シリコン型太陽電池」というものも存在しています。
多結晶シリコン型太陽電池は、単結晶シリコン型太陽電池に対して、結晶の粒子が酷いシリコンを使用している点が特徴です。
字面では主として同じように見えますが、実際には特徴もコストもことなる、余程別の太陽電池として良いでしょう。
そういった多結晶シリコン型太陽電池ですが、単結晶シリコン型太陽電池と比較すると、単一面積あたりの発電効率は劣っています。
ただ、その分材料のコスト面は単結晶シリコン型太陽電池よりもかからず、安価となっています。
さらに、製造の際に必要なエネルギー量も少ないので、製造コストも節約ができます。
つまり、単結晶シリコン型太陽電池の廉価版が多結晶シリコン型太陽電池、ということになるのです。
ソーラーパネルにおける重要性は、自然エネルギーを使用するという点が第一に挙げられます。
安心や環境への配慮といった点ですね。
ただ、おんなじ太陽光発電、おんなじソーラーパネル内での比較の場合、これらはすでにヒントとなっているので、考慮する必要はありません。
そのため、価格であったり、性能であったりという部分が比較対象となります。
とにかく、一般家庭にとってコストは非常に大きな意味を持ちます。
そういった意味では、多結晶シリコン型太陽電池の需要は激しく、近年はその製造量が増加傾向にあるようです。
数ある太陽電池の中それでも、多結晶シリコン型太陽電池は経済効率性という点でいうと、とにかく際立つ商品なのです。