太陽光発電の仕組み

発電は、「動力」を使って「タービン」と呼ばれるモーターもののものを回す、という理論を通しています。
水の流れや風の力、原子力を通してタービンを回し、電気を醸し出すのです。
では、太陽光発電もそうなのかというと、本当は違います。
太陽光発電は、タービンを使用控える発電方法のひとつです。
この方式の発電方法は、他にも「振動発電」や「MHD発電」等がありますが、いずれも普及には到っていません。
つまり太陽光発電は、非タービン発電としては唯一の主流発電方式ということになります。
あんな太陽光発電の仕組みを簡単に説明すると、半導体材料で作られた「光吸収層」に太陽光が照射され、その層の中にある「電子」が太陽光を吸収、活性化することで電気となる、という構造になっています。
ただ、これだけでは電気が存在するというだけで、一般家庭で使用出来る「家庭用電源」とはなりません。
電気の流行り、すなわち電流を探す必要があります。
ここまでのシステムを一体化させたものが太陽光発電であり、ソーラーシステムとなります。
そういう太陽光発電のシステムは、ソーラーパネルに全て内蔵されています。
ソーラーパネルで太陽光を吸収し、なので家でも使える電気に変換しているのです。
ソーラーパネルはたった太陽光を引き寄せるだけではなく、太陽光を電気に変換するシステムそのものなのです。
このシステムには、数多くのメリットが存在しています。
また、デメリットもあります。
それらを多くの人が知ることこそが、自然エネルギーという分野において重要なことなのです。

太陽光発電とソーラーパネル

とっても多くの家で見るようになったソーラーパネル。
そのソーラーパネルは、太陽電池パネルと言い換えることもできます。
基本的には光エネルギーを電力に変換する機器であり、太陽光発電のシステムそのものといえます。
太陽光発電装置の開発は、「光起電力効果」という、もの質に対して光を割り振ることで電気が発生する現象を人類が発見し、1839年からスタートしました。
とはいえ、それが正に「ソーラーパネル」という形で世に起こるまでは、かなり100年以上の歳月がかかっています。
1954年、何とか人類は太陽光発電のシステムを探すことができました。
日本では高度経済成長期にあたるこの時期に、もう太陽光発電は誕生していたということですね。
とはいえ、日本においてソーラーパネルのシステムを知っている人は決して皆無でした。
これから注目を取り上げるようになったのは、20年後の1973年。
第一次石油危機、すなわちオイルショックになってからです。
石油に依存した発電ではどうせ破綻して仕舞うという危機感が募り、次世代エネルギーに注目が集まった結果、太陽光発電にスポットが置きられたのです。
その後、通産省(当時)が「サンシャイン計画」を発案し、1980年代にはソーラーシステム普及促進融資制度も誕生して、これから日本に太陽光発電が根付きはじめ、90年代になるとエコの視点でも着目されるようになりました。
そうして21世紀。
太陽光発電、そしてソーラーパネルは、日本が誇る最先端技術のひとつとして世界に発信されるようになったのです。

太陽光は無限のエネルギー

原子力発電や火力発電は、世界中にある資源を使用して発電しています。
そのため、エネルギーとしては有限であり、今後使い続けていると、これから枯渇して仕舞う可能性は否定できません。
別に、石油などを使用する火力発電は、日本において約70%の割合を占める発電方法であると同時に、断然枯渇する可能性の厳しいエネルギーを使用した発電方法もあるのです。
こんな限りあるエネルギーを使用している発電方法に対し、自然エネルギーを使用した発電方法の場合は、枯渇する心配がありません。
そうしてそれは、当然ながら太陽光も例外ではありません。
ソーラーパネルに吸収される太陽光は、無限です。
実際には無限ではありませんが、太陽光がなくなるということは、イコール地球が滅びるということになり、実質的に無限として差し支えないのです。
無限のエネルギーを発電に使用することのメリットは、未来を疑う無用という真実味でしょう。
いくら技術が発達しても、資源が底を尽きてしまっては、なんの意味もありません。
そのため、結果的には一定の場所で進化や発展も止まってしまうことにつながります。
それに対し、無限のエネルギーであれば、進化していっても無駄にはならないという真実味から、始終研究が進み、発展して出向く分野となります。
従って、現状ではまったく課題があっても、未来においてはそれを克服できている可能性が非常に高いのです。
未来に希望を持てる発電方法。
それが、ソーラーパネルと太陽光発電なのです。