生命保険のニーズ

近年保険の選び方の傾向として、若い人の間まずは医療保険だけという選び方をする人も手広く生命保険つまり死亡保障をつけない人がいます。
それは若い人や独り暮し、夫婦二人だけで生活しているみなさんです。
自分が死亡したとしても遺族のことを考える必要性がないとの理由からです。
ただしご存知ですか。
高度先進医療がすすむ中、依然認可されていない抗がん剤などには健康保険は適用されないのです。
仮に将来自分がガンやその他の難病に、これらの医療費を全額負担することは本当に困難です。
今生命保険には「リビング要望」という特約があります。
これは余命宣告を通してその余命が半年以内であれば本人が保険金を受け取れるというものです。
これを利用すれば仮にガンになってもその高額な医療費を払う助けとなってくれる。
医療保険に入っていなくて生活自体が脅かされる人は少ないはずです。
ただ生命保険の死亡保障については、その後の生活を補えるほどの掛け金が貰えることを忘れないでください。
この掛け金があるかないかで大きく生活が変わるのです。
また保険の保障がどれだけの期間必要なのか。
必要な期間を正しく見極めた上で生命保険を頼むようにしましょう。
掛け捨て保険などで期間が設定してあるもの、たとえば1年、3年、5年など1回目の掛け金は安くても2回目以降3回目以降など更新毎に掛け金が高くなることがあります。
注意して内容をチェックしましょう。
以上のようなことを踏まえた上で、もう生命保険の必要について考えてみて下さい。