掛けかなぐり捨て保険

生命保険の選び方を考える際にポイントのひとつとなるのが、生命保険を掛け投げ捨てにするか貯蓄型にするかです。
流石掛け捨てならばその分掛け金は安くなり、貯蓄型にすれば貯蓄分だけ月々の掛け金が高くなります。
掛け捨ての生命保険は得なのでしょうか損なのでしょうか。
これは人によって違います。
掛けかなぐり捨ての保険とは、掛け金を支払っても将来掛け金が受け取れないというものです。
掛けかなぐり捨ての場合は掛け金を受け取らなければ、掛け金は捨てたも同然ということになってしまいます。
掛け投げ捨ての生命保険の場合、仮に解除したとしてもお金は一銭も戻りません。
満期の際に貰える満期金などもありません。
まずは掛け捨てタイプのメリットとはなんでしょうか。
一番は掛け金の安さだと思います。
期間が長く設定されている保険や、解除返戻金や満期金がある保険に比べると格段の安さです。
コストを安く抑えて必要な保障だけを保険に欲する人にはいいと思います。
また途中で解除しても解除ときのデメリットがないこともメリットのひとつです。
掛け投げ棄ての生命保険のデメリットは、保険期間が終了したときいままでに保険金を受け取っていなければ支払っただけで一切役に立たなかったということです。
まずは掛け投げ捨ての保険はどのような人に向いているのでしょうか。
それは収入が少なくて貯金もままならず、生活するだけで毎月ギリギリの人が保険にかかるコストを抑えて利用したいと考える人向けです。
このようにして掛け捨て保険にはメリットもデメリットもあり、これらを知った上で生命保険の選び方を考えていきたいものです。