平均加入金額のつづき

今度は職業別や年収特別みた生命保険の保険金額の選び方を見ていきます。
他の人がいくらくらい保険金額をかけているのか平均加入金額をチェックします。
職業別の生命保険の保険金額に関しての選び方を見ると、サラリーマンの場合で約2,500万円、自営業の場合で約2,400万円となっていてあまり差がありませんでした。
基本的には男が死亡したときに、遺族年金や退職金などではまかなえない分の金額を保険金として掛けておくものです。
自営業の場合は、この遺族年金が少なめなのでサラリーマンよりは保険金額を高くしておきたいところですが、実際結構そんなふうにはいかないようです。
どんどんパートや非常勤などは一段と小さく約1,500万円程度となっています。
目先だけの支払い金額に目をやらず、いくらの保障がほしいのかきちんと考えて保険金額を決めることが大切です。
年収特別みた場合は、保険の支払い能力の高さに比例して、保険金額の選び方を決めている人が多いです。
年収が高ければ高いほど保険金額も高くなっています。
年収が200万円未満の場合、保険金額は約1,000万円程度、年収が400万円~500万円で保険金額は約2,000万円程度、年収が700万円以上で保険金額は約3,000万円となっています。
本来は収入が少ない家庭ほど保険金額を高くして保障を受けたいところですが、現実はそんなに上手くはいかないようです。
実際の保障やる保険金額については、家庭ごとの事情があるためこれらのデータだけで決め付けることはできません。
但し以上において、各家庭の必要な保障金額を考えて下さい。