社会人になったとき

今までは親の収入で生活して保険にも加入していた若者が、社会にでて自分で収入を得ることになれば、保険の加入も自分で行なうことができます。
経済的にも親から自立する時期です。
ただお給料を頂くだけではなく、ひとりの大人として自立するために生命保険にも加入してほしいものです。
まずは新社会人になった若者の生命保険の選び方についてポイントをみていきましょう。
新成人の場合、ほとんどの人は自分が扶養する家族がいないはずなので、自分が死亡したとしても家計に負担を与えることはないはずです。
そのため生命保険の選び方としては、自分が死亡したときにお葬式などの他必要となると思われる金額を生命保険で用意する程度で好ましいということになります。
長期入院の場合にも備えて、ケガや病気の保険にも入った方がいいと思います。
具体的に今はお葬式の費用やお墓代程度の死亡保険として、将来的には結婚した場合の家族へのことも考慮する必要があります。
そうしてあまり将来のために貯蓄型の生命保険として、貯蓄と年金のついているものを選ぶといいです。
病気の場合は、三大成人病やがんなどの治療保険や入院保険など金額負担が大きくなりそうな病気は一概に加入しておいたほうがいいです。
病気を発症してからではのろいのです。
生命保険は健康なときでなければ加入できないのです。
そうして特に若いときのほうが掛け金は永年安くなるからです。
自分が何に重点を置いて生命保険を選ぶのかプライオリティーを考えてから決めた方がスムーズにいくと思います。