犬の帽子

犬用の帽子を最初見た時、どうして飛びないようになっているのだろうと疑問でした。
形にだいぶ工夫がこらされているのですね。
アゴ下と耳後ろにベルトを回し逸れないようになっているのです。
ちゃんと犬が耳に違和感を憶えないような形になっているので安心ですね。
帽子の種類にはハット・キャップ・ハンチング・パイロットキャップなどがあり、材料も夏もののメッシュから冬に温かいニット材料まで人間用と変わらずたくさん用意されています。
お洋服と合わせてコーディネートしてあげれば、愛らしい事間違いなしです。
お洋服に加え、帽子も用意しておくと夏の暑さ対策も冬の寒さ対策も抜かりがないですね。
更に日差しの硬い夏はかぶせて与えると良いと思います。
オシャレ帽子以外にサンタ帽やウサギの耳つき帽子というかぶりものもたくさんあって、見ていて大変和みます。
干支のかぶりものが12種類全部売られていたら、愛犬家の年賀状は毎年かぶりものをした愛犬の写真になるのではないでしょうか。
相当売り払えると思います。
他に帽子とはほんのり違いますが、スヌードという長毛の犬や垂れ耳の犬のための耳押さえというアイテムもありました。
腹巻を首から耳部分にかけて装着したような感じといったら分かって受け取れるでしょうか。
食事時やお散歩ところ耳や毛がだらりと前に垂れ下がらないようになって便利そうです。
ただとても見慣れない形のアイテムなのでついに見るときは驚くと思います。
犬の頭部分につけるものだけでもたくさんのものがあります。
次はいかなるアイテムが出てくるのでしょうね。

犬のお洋服の収納方法

    
犬のお洋服、極めて明るいのでたまたま買ってしまいますね。
気が付いたらつぎつぎ増えてしまっていた犬のお洋服、どのように収納されていますか?
クローゼットに閉じ込める方も多いでしょうし、タンスの一角に入れている方もいらっしゃるでしょう。
子供用のタンスが丁度良いサイズになるかもしれませんね。
しまいこんで仕舞うのも良いですが、犬のお洋服は犬が着ていない状態でも可愛いです。
それにタンスに入れてしまうと、ついつい上のほうにあるお洋服ばかり着せてしまって、存在を忘れられるお洋服が出てくるかもしれません。
吊るして適切材料のものを選んで、クローゼットタイプの収納道具やインテリアとしてのぞかせる収納を通じてみてはいかがでしょうか。
犬のお洋服用のクローゼットなども売られていますが、どうしても高価です。
出来れば身の回りのもので代用したいですよね。
オススメはよくある3段ボックスです。
これを縦置きし、一枚板をとりでかいスペースと悪いスペースに分けます。
著しいスペースのほうに突っ張り棒をし、吊るしてお洋服をかけます。
下の段にはニットなど吊るすには適さない材料のお洋服や小もの類を置かれてはいかがでしょうか。
ハンガーは赤ちゃん用のものを使うとちょうどいいと思います。
扉がないとホコリが気になるという方は、手前のほうに突っ張り棒をすでに一本継ぎ足し、カフェカーテンなどをかけてみると美しく仕上がるのではないでしょうか。
3段ボックスでしたら、きちんと場所も取りませんので犬のお洋服の収納に悩まれている方はぜひひとたびお試し下さい。

犬のお洋服、今後の展望

    
犬のお洋服は大きく普及していますが、依然賛否両論があります。
反対派の方はもしや犬のお洋服のメリットをご存じ無いのかもしれません。
いつか何かの機会にそのメリットを知って賛成派になるかもしれません。
賛成派だったけれどもやっぱ肯定しきることは出来ないと思う方も出てくるかもしれませんから、こうやっていつまでも賛否両論はなくならないでしょう。
ですが、いかにも犬服はより普及していきます。
道行く犬の半分くらいはお洋服をはおるようになるのではないでしょうか。
その内、日本の犬は服を着ているのが当たり前のようになって出向くかもしれません。
そんなにすると今まで人間のお洋服だけを扱ってきたブランドも犬のお洋服業界に参入して来る。
だれもが知っているようなスポーツ用品ブランドなどからも犬のお洋服が販売される日もほど近いかもしれません。
そういう日が来てもブランドだけに拘らず惑わされず、愛犬のために着心地のよい機能的お洋服を着せてあげて下さい。
如何にも今よりもっとクオリティの高いお洋服が出てきていると思います。
もしやバッグやお財布などが甚だおっきいブランドからも犬のお洋服が出てくるかもしれませんね。
売り物数万もするようなお洋服が出たら、残念ながら貰う勇気もお財布も持っていませんが一度は手にとって見たいものです。
季節はもちろん犬を連れて行く場所や雰囲気によって非常識だと思われない適切なお洋服を選んであげてくださいね。
飼い主さん一人ひとりが気をつけて行くことで、賛成派の人間が増えていくのではないでしょうか。