犬のお洋服に慣らすためには

子犬のころから日常的にお洋服を着ていた犬ならば、お洋服を嫌がることはないでしょう。
ですが、大きくなってからお洋服を着せようというと、嫌がる子は嫌がります。
無理に着せようとすると噛まれてしまったりすることもあります。
人間の赤ちゃんも裸にするとよく手足を動かします。
同じように犬も何も身につけない状態が楽で良いのかもしれません。
ですが、今までも述べてきましたように犬のお洋服にはたくさんのメリットがあります。
ですから飼い主さんも愛犬のためを思ってお洋服を着てほしいというのでしょう。
愛犬がお洋服を嫌がる場合、それではお洋服を着たらご褒美がもらえると知らせるのはどうでしょう。
お洋服を着たらオヤツを上げると言った具合に、犬にもお洋服を着るとメリットがあると偽ると喜んで着てくれるかもしれません。
あるいはお散歩というご褒美をあげても良しかもしれませんね。
ご褒美けれども効果がなく嫌がるという子は、急きょお洋服と言うのはハードルが高いのでバンダナや腹巻ものの小ものから始めてみてはいかがでしょうか。
案外抵抗なく受け入れて受け取るかもしれませんよ。
焦らずもうすぐ慣らして行くのが良いでしょう。
やっぱり嫌がるという子はいよいよ諦めましょう。
犬のお洋服自体がその子のストレスになるのでしたら、いかほど犬のお洋服にメリットがあると言っても、不愉快ことを無理強いする飼い主と思われるデメリットの方がはるかに大きくなってしまう。

犬のお洋服の着心地

    
着心地の良い犬のお洋服とはどういうものでしょうか。
犬のお洋服ははなはだ多種多様なものが売られていて、どれを選んでよいか思い付かという飼い主さんも多いのではないでしょうか。
はからずも見た目の可愛らしさで選んで仕舞うことが多いと思います。
それも間違いではないと思いますが、以下の要素を踏まえた上で可愛らしいお洋服を選んであげて下さい。
ともかく一番気をつけることは、犬の動きを阻害しないことです。
ですから合皮という伸縮性のないお洋服は避けるべきです。
また伸縮性がないお洋服は着せる際に犬も人間も非常に苦労します。
人間それでも同じようにゴワゴワしているような材料は着心地が良くないですね。
ですから、どうしても太い材料や前述の合皮などはやめた方が良いでしょう。
またボタンなどがたくさん付いているお洋服は犬が気になって噛んだりしてしまうことがあります。
それほどするうちに服から逸れて誤飲の心配が出てきますので、この点も注意して選んでください。
犬の噛める範囲に飾りはないほうがいいということです。
実際に犬のお洋服の着心地のよさを比べるすべはありませんが、愛犬がお洋服を着た状態でリラックス出来ているのならば、そのお洋服はだいたい着心地がよいのでしょう。
愛犬の状態は一番近くで見ている飼い主さんしか分かりません。
常に愛情を携帯して、愛犬の様子に気を配ってあげて下さい。
寒さ予防のために着せたお洋服で暑くなりすぎてバテてしまった…などということになってしまったら元も子もありませんよ。

リメイクして定める犬のお洋服

    
「オリジナルの犬のお洋服」の項で触れましたように、世界に雑貨しかない犬のお洋服を創る手段として、リメイクがあります。
リメイク服を作っていただけるウェブストアもたくさんあり、Tシャツやタンクトップですと1,500円くらいから焼けるようで、思っていたより断固短いようです。
ご自分でリメイクされる飼い主さんもたくさんいらっしゃいます。
いよいよ元が要らない服だと勇気が出るのでしょうか。
お洋服作りはいよいよだという方もたくさんチャレンジされています。
こういう方向けにリメイク教室なども開かれてあり、リメイクは盛んにされているようです。
主に大人用のTシャツなどがリメイクの基になっているようですが、小型犬へのお洋服でしたらサイズアウトしたベビー服なども甘い材料になるのではないでしょうか。
ベビー服は親としては思い出が詰まっていて中々捨てられないものです。
それを子も同然の愛犬がさらに着てくれたら如何にも心地よく思うでしょう。
他に柄が年相応ではなくなった浴衣などもリメイク材料に選んでみるのもうれしいかもしれませんね。
犬の浴衣なども市販されているくらいですし、作るのは難しいかもしれませんが愛犬が望ましく着こなしてくれれば手間も報われます。
私としてはそれほど家のどこかに眠っている時代遅れのスキーウェアも良いのではないかと思います。
がんらい撥水加工もされているですから、レインコートないしは雪の日のお外遊びにと活躍するのではないかと思いますが、いかがでしょう。