犬用スリング

人間の赤ちゃん用には最近さんざっぱらよく見るスリングという存在ですが、今は犬用もあるのですね。
小型犬の愛犬家の間それでは再び常識のアイテムになっているそうです。
形状としては大きな布を輪状であり、人間が肩から掛けお腹の前くらいの位置に犬を収納して使います。
春夏秋冬それぞれの季節ごとによってメッシュ材料のものや、綿入りのものなどがあります。
犬のお洋服同様、生地の材料もたくさんあれば柄も色々なものが出ています。
スリングはどちらかと言うと飼い主さんのオシャレに影響してきますので、どんなお洋服にも合い易い無難な柄が人気のようです。
さて人間用と犬用では違いもちょこっとあります。
抱っこをするという目的では同じなのでほぼ同じ形のものもありますが、中身は犬です。
飛び出さないようにフタ付きのものがあります。
フタと言っても硬いものではありません。
犬の顔を出すスリング上部についていて、かなり通気性の良いメッシュ材料で出来てあり、巾着のようにきっちり絞って閉め切る事ができるようになっているのです。
ひいては万が一の飛びだし防止のためにも首輪とスリングをつなげるフックなども売られています。
フタ付きのスリングは公を利用する際に使うようですが、最初は中身の通じるペットキャリーの方が周り間は安心するのではないかと思いました。
但し赤ちゃんと同じように犬も抱っこされていると全く落ち着いて眠ったりするそうなので、キャリーを嫌がって車内でキャンキャン吠えているよりは頑としてスリングで眠ってくれたほうが飼い主さんも居心地の乏しい思いをしなくて済みますね。
それに布で覆っている状態になるので毛の飛び散りが本当に防止され、毛アレルギーなどの人の迷惑にもなりにくいかと思います。
飼い主さんの両手も空いて、極めて便利なアイテムですので抱っこスキの愛犬がいる方は試されてはいかがでしょうか。

犬用水着

    
犬用の水着という存在ですが、正直取り除けるだろうと思いました。
メス犬用にビキニタイプの水着があったり、オス犬用にトランクスタイプの水着があったりするのですが、犬のお洋服の存在意義として意味があるのかと疑問です。
そういう面積の小さいお洋服では、紫外線から愛犬を続ける効果もないというからです。
しかもその多くがあくまで水着風に出来ているだけで、人間の水着ものの材料で出来ているわけではありません。
当然伸縮性のある素材で作られている水着もあります。
ですが、犬の水着風お洋服の着用画像を見ているとさんざっぱら眩しいです。
ですので、夏にリゾートへ一緒に出掛ける場合に着せていると面白い気分になるでしょう。
あんな明るいだけの犬用水着と一線を画すアイテムがありました。
犬用救命具、つまり犬用のライフジャケットです。
犬は水がスキな子が多く、川も海でも嬉しそうに突進して行ってしまいます。
これを着ていると共にボートに乗ったりするのも安心ですね。
背中に持ち手がついているので、万が一の場合に掴んで犬を誘導して見せることができます。
デザインは必ずや救命胴衣といった感じのものばかりです。
探せばピンクやブルーの良い配色のものもありますが、海や川で愛犬が遠くをめぐってしまった場合、見極めるのが困難になりますので蛍光色のように目立つ色を選ぶほうが良いでしょう。
ビーチで水着風お洋服を着せているのは全然愛くるしいですが、それだけではなく実際一緒に水遊びをする際には救命胴衣もちゃんと着せてあげて下さい。

犬用レインコート

    
日本は梅雨もあり、雨が多い国ですね。
お散歩を欠かせない犬たちには雨対策が必要になってくる。
一言でレインコートと言っても、色々な形があります。
お腹への泥はねを予防する腹当てタイプのもの、ポンチョやマントのように背中に着せるもの、足までしっかり囲うタイプのものなどです。
犬を汚れたまま放って置くと皮膚病の元になりますので、雨のお散歩で汚れた後洗うのが大変だという方はしっかり雨対策をしておきましょう。
レインコートと言うとシャカシャカ音のする素材のものを思い浮かべがちですが、そういう音を軽減させた材料によるものや撥水加工がしっかりされた布による雨の日用お洋服などもあります。
シャカシャカ音を嫌がるわんちゃんには撥水加工のされたお洋服タイプのものが良いでしょう。
レインシューズというものもありました。
足だけでも汚れたら確かに後が大変でしょうが、それくらいなら何とかしてあげてほしいものです。
一際ダックスフンドのように地面ものの位置にいる犬は、雨の日対策をしていないと拭いてどうにかなるような汚れで済みません。
帰ったらお風呂場へ直行になります。
寒い季節だとそれだけで風邪をひいてしまうね。
そもそも雨の日はお散歩はお休みですと教えて与えることも大切かもしれません。
そのためには家の中でトイレを終わらす習慣もつけてあげなければならなかったり最初は大変かもしれませんが、雨の日は愛犬と家でたくさん遊ぶ日として贈るとますます絆がしっかりまとまるのではないでしょうか。