犬の介護のために必要なお洋服

犬のお洋服と言うとオシャレ目的だとおもう方が多いと思いますが、たびたび述べていますように抜け毛対策であったり、また介護目的にも大変役立つものなのです。
前に述べましたマナーベルトも介護用品として使えます。
人間けれども痛む部分を暖めるとぱっぱとなったりしますよね。
同じように犬もカイロなどで患部を温めて見せると望ましい場合があります。
その場合、マナーベルトを本来尿とりパッド等を添える部分にカイロを入れ、患部に当たるよう巻くという使い方をします。
その際、低温火傷にはじゅうぶん気をつけてください。
やはりトイレに行けなくなった愛犬の尿対策に扱うのも良いでしょう。
歩行補助に助かるお洋服もあります。
お洋服の背中部分に持ち手が付いていて、あるくのが漸くな愛犬の歩行をそっと支えて上げることが出来ます。
さほど持ち上げるためのものではありません。
たとえばトイレまで頑張っていこうとする愛犬のやる気もプライドも損なわせません。
自分でトイレまで行けた、まだ歩けるという自信は愛犬の気持ちを明るくさせるのではないでしょうか。
他にも肘の関節部分にパットが付いていて保護できるようになっていたり、背中にカイロポケットがついていたり、果たしてよく犬のことが考えられて作られたお洋服があります。
介護用のお洋服とは思えないほどの良いチェック柄や動もの柄があり、介護する人間側の気持ちも明るくする事が出来そうです。
手持ちのお洋服の上に重ねて着けることも適い、病院やお出かけにも丸々行けます。
便利で美しい介護グッズは今後一層増えていくでしょう。
最後まで愛犬の着心地を考え、飼い主さんも一緒に喜べるお洋服を選んであげてほしいです。

寒さ対策の犬のお洋服

    
犬は寒さに強いというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
私も犬は雪の日それでも元気に外を走るものだと思っていました。
だが犬には毛の生え方がシングルコートと呼ばれるものとダブルコートと呼ばれるものの2種類あり、寒さに強い犬と情けない犬がいるのです。
この違いは上毛と下毛の両方があるか、または上毛しかないかによって分かれます。
シングルコートは皮膚を保護する上毛しかない犬のことを言います。
チワワ、ヨークシャテリア、シーズー、パピヨン、プードル、ボクサーなどが挙げられます。
ダブルコートは上毛の他に下毛という体温の維持調節に役立つ毛を持つ犬のことです。
コーギー、シベリアンハスキー、レトリバー、ポメラニアンなどが挙げられます。
原産国や改良地によって違いが出て来るそうで、ダブルコートの犬は寒い季節になると上毛の周りに、やわらかい下毛がびっしりと伸びるため意外と寒さに強いはずです。
ですが、シングルコートの犬はこの下毛がないためちょい寒がりなのです。
ですから温かい室内からお散歩に出ようとした時に震えていたりします。
その温度差から続けるためお洋服が必要になってきます。
急に寒い場所に行くのは心臓にも悪そうなので、寒がりの愛犬を寒さから守ってあげて下さい。
室内も犬のいる床近くは空気が冷たくなっている場合もありますので、冷えにも気をつけてあげたいところです。
冬用の犬のお洋服として、手編みのセーターを作れる方も多くいらっしゃるようです。
セーターはハードルがおっきいと思われる方も、太目の毛糸でマフラーを定めるのはいとも短時間で出来ますので一旦試されてはいかがでしょうか。

暑さ対策の犬のお洋服

    
暑さ対策ならば何も着せないのがいいのではいかと思われる方もいらっしゃると思います。
ただしやっぱり犬はがんらい被毛がありますから暑がりかも知れません。
となると、逆にお洋服や小ものとして夏ばて対策をしてやるべきでしょう。
人間用にもよく売られていますが、水で濡らしておくと数時間冷却効果があるというバンダナが犬用にもあります。
また犬のお洋服として、全体的にこうした機能を持つ布で作られたものがあります。
犬は人間より最も地面という場所にいます。
夏場のアスファルトの照り返しは酷いものがあります。
もはや街中のほとんどはアスファルトで舗装されていますから、お散歩コースも必然的にアスファルトの道になるでしょう。
照り返しの熱から愛犬を守ってあげるためにも前述のアイテムや、別に熱を受けやすいお腹を続ける腹当てもののお洋服を着せて授けると良いでしょう。
また夏場の犬のお洋服は紫外線対策という意味もあります。
犬は肌が人間よりきっぱりないので紫外線の影響を受けやすいです。
単に黒い犬は紫外線を吸収しやすくなっていますから、気をつけてあげましょう。
見た目にも爽やか白のお洋服など可愛いのではないでしょうか。
ただ冷却効果のあるお洋服もUVカットのためのお洋服も、外で一際着せていると蒸れますので、ときには服をめくって売るなりして対応してあげて下さい。
夏場は外では暑さ対策のためにお洋服が必要ですが、部屋の中なら中でクーラーの冷えから続けるためにお洋服が必要になってくる。
腹巻程度でも良いので、何かしらの対策をしてあげましょう。
犬は終始冷え易く、温め易い場所にいる生きものなのです。