犬のお洋服の目的

甘いですよね。
犬のお洋服。
それほど小型犬が着ているのを見ると、素晴らしいと抱きしめたくなります。
ペット用品を置いているお店に行くと、大抵のお店では扱っているのではないでしょうか。
それはいよいよ多種多様なお洋服があります。
髪留めというものから、バンダナという小もの、レインコートや着ぐるみというお洋服まであります。
雨の日けれどもお散歩が欠かせない犬なら、レインコートが必要であるのは分かります。
いざ、雨の日はレインコートを着ているわんちゃんをよく見かけます。
大きい犬ほど着ている率が大きいような気がしますね。
一際長毛だと濡れたらいずれ拭いたりするのが一大のでしょう。
ただし犬にお洋服を着せるのはどうしてだろうと思っていました。
専ら可愛らしさを引き立たせるためなのでしょうか。
としていた矢先、親戚のおうちのロングコートチワワちゃんがお洋服を着ていたときのこと。
手足顔を除く全身をすっぽり囲うようなお洋服を着ていて、凄く可愛らしかったのです。
「ものすごく甘いですね」と話していたら、飼い主さん曰く「このお洋服は愛くるしいけれど隙間から毛が落ちてきて意味がない」とのことでした。
犬のお洋服は可愛らしさを待ち焦がれるだけではなく、抜け毛対策でもあったのです。
思っていたより敢然と実用的な用途のためにあったのだとびっくりしてしまいました。
それ以来、犬のお洋服を見極める目がちょい変わりました。
体にフィットするような隙間の少ないお洋服が必ず飼い主さんも喜ぶのだろうなと思います。

犬のお洋服の売り手

    
犬のお洋服はずいぶん普及しているようで、私の住む田舎町もちょい大きめのお店に行けば貰うことが出来ます。
幅広いモールでしたら、ペット用品専門のお店も入っていたりして、それはそれは愛らしいお洋服がたくさんあります。
イチゴの着ぐるみみたいなものもあり、貰うあてもないのにいつの間にか手にとって見てしまいます。
最近では、犬のお洋服を「ドッグウェア」と言うのですね。
日常の会話で「ドッグウェア」と聞いたら、一瞬何の事か理解できないかも知れません。
私が犬のお洋服を貰うなら、いよいよウェブストアで買うと思います。
私の住んでいるだが田舎であることが一番の理由ですが、ウェブストアは種類が豊富だからです。
通販でしか買えないような明るいものや、一風変わったものなど、店頭では何とも置いていられないほどの種類があります。
しかもサイトによっては、おんなじものけれども思い切りお安くなっていたり、送料無料になっていたりします。
季節商品などは素晴らしい勢いでセールになっていたりしますし、見ていて飽きません。
ですが、実際に手にとって見ないと材料の具合やサイズが分からないという不安も拭えません。
こればっかりは先ず買ってみて、そのショップの品質を確かめてみるしかないかもしれませんね。
ウェブストアで買うと言うと既製品購入といったイメージがあると思いますが、名入れやデザインを選んでオリジナルの犬のお洋服を仕掛ける事も出来ます。
次は犬のお洋服イージーオーダーについて考えたいと思います。

オリジナルの犬のお洋服

    
オリジナルで作ってみよう!と言っても、型紙から作ると言うのはハードルが高すぎるという方にお奨めなのがオーダーメイドサイトです。
1.そのサイトの用意されているパターンから選んでセミオーダー。
2.材料からデザインまで何から何までフルオーダー。
3.再度、犬のお洋服オーダーで使ったプリント材料を通して、お揃いの人間用のTシャツ等の作成。
4.人間の使っていたお洋服を犬のお洋服にリメイク。
等があります。
イージーオーダーと言うと、セミオーダーかフルオーダーくらいしか中々思いつきませんが、リメイクや家族でお揃いまで出来るとはすごいですね。
犬のお洋服業界、犬はペットじゃなく家族ですということがよく分かっていますね。
私としてはすこぶるエコな感じのする「犬のお洋服にリメイク」が一番魅力的に感じます。
型が古くなって着られなくなったワンピースやスーツなど、良いものですから見切るのは勿体ないといったお洋服がタンスに眠っていませんか。
愛犬のためのお洋服にリメイクされてみてはいかがでしょう。
既製品では満足出来なくなった方にぜひチャレンジしてみてほしいです。
サイトにもよりますが、セミオーダーなら3,000円くらいからあります。
フルオーダーなら8,000円~など既製品よりは頑として値が張りますが「オリジナルの売り物」は魅力的ですよね。
それに「うちの子は首だけ厚くて既製品じゃサイズが見合うのがない」という方もお悩み解決です。
特殊な体型の大型犬にも良いお洋服が作りあげることが可能です。