かみつく

猫には危険を察知すると例え飼い主に抱っこされている状態でもかみつく習性があります。
優しい体の猫を抱っこしていると、抱いている方まで暖かくて気持ちがよくなる。
猫は心底信頼している人間しか安心して抱っこをさせてくれません。
抱っこされている状態は猫にとっては直ちに投げ出すことができないというとても危険な状態です。
ですから多少なりとも抱かれ心地が悪くなると猫は不安を感じて投げ出すか、かみつくのです。
猫が不安を感じて仕舞う抱き方は、リライアビリティのない抱き方のことです。
体がずり落ちそうであるとか、体のバランスがひどく前半身しか抱いていないとか、体が不安定な状態を嫌います。
両方の手で胸とお尻の部分をすくうようにして抱っこして後半身をつつむようにして引き上げると安定して抱きつくことができます。
首を掴むとかお腹だけを持ち歩いて抱こうとすると嫌がります。
また猫は撫でられるのも大スキです。
撫でられるとなめられる感じくらいのスキンシップをはかっていることになります。
ただしこれもまた撫でている途中に急きょ猫の態度が変わってしまうことがあります。
抜け出してしまったり、かみついてしまったりするのです。
これは猫の首筋やあごの下やお腹など、撫でてあげて猫が喜ぶところは、猫の急所にあたるからです。
皮膚の感覚が何とも敏感な部分なので、適度に刺激を与えて差し上げると猫は気持ちがいいのですが、少々刺激が強くなってしまうと猫は不安を感じてしまう。
猫は危険を感じたら逃げたり攻撃したりする習性があるため、かみつかれてしまうことがあるのです。

しつけ

    
猫をかしこく育てるには、猫の習性を一概に理解してその習性において叱ったり褒めたりすることがポイントです。
しつけと命令は違います。
ただやみくもに大声をあげて注意すればいいわけではありません。
猫としてはいかにして好ましい環境の中で明かすことが出来るかが一番大切なことなのです。
猫にとっての良い環境に一番大きな要因となるのは、飼い主の態度です。
猫にとっての素晴らしい環境とは、飼い主から褒められることであり、乏しい環境とは飼い主から叱られることです。
猫の叱り方は、悪賢いことをした時折、アッという間にその場で「駄目」と責めるようにしてください。
そうして一度駄目だと叱ったことに関しては、猫が認識出来るまでその都度どうしても怒鳴るようにしてください。
おんなじことをしたのに、叱ったり叱らなかったりと飼い主側の気まぐれで態度を変えて仕舞うことは絶対にしないで下さい。
このときのポイントはきっちり現行犯で叱りつけるようにすることです。
見つけてしばらくしてから叱ったとしても猫にはなんで叱られているのかまるっきり理解できません。
猫の褒め方は、駄目なことを通じて猫を叱り、猫がいうことを聞いて止めた場合にはアッという間に称えるようにしてください。
このときのポイントは、大きな声を出して褒めないことです。
大きな声で褒めてしまうと、褒めているのに猫は飼い主が声を荒げて怒っているのかなと見まがうからです。
ですから讃える時折手厚く穏やかな声で猫を褒めてあげて、リラックス出来るようにさせてあげましょう。

夜行性

    
猫は夜になって行動する習性があります。
つまり猫は夜行性なのです。
昼間はほとんどの時間寝て過ごしていますが。
夜行性のため夜になると家の中を駆け回ります。
夜になると外に出て行く猫もいます。
自分のなわばりを他の猫が荒らしていないか見回りにいくのです。
前もって猫は夜中や夕方、明け方などに狩りを通していたのです。
そのためその情報が猫の遺伝子に組み込まれていてこの時間になると元気になるのです。
猫の中には人に邪魔されない場所でのんびり寝ていることもあるそうです。
他にも猫が空き地やモータープールなど人気のないところに集まって集会を通しているという話も聞いたことがあります。
外出しない猫の場合、家の中で夜中走り回っているということも物珍しいことではありません。
但し家の中にいる猫が夜になるたび歩き回っては飼い主も落ち着いて寝入ることができません。
猫は環境に適応していただける生きものです。
毎日人間と暮らしていることでおのずと飼い主と同じ暮らしに猫もなるかもしれません。
但し猫はとてもわがままでマイペースな習性があります。
猫が寝ないのを人間の子供にするように、昼間寝かせないでおいて夜眠るようにさせるとか、必ず寝かせるようにしても無理な話です。
飼い主側も猫が眠るまでますますつきあっているわけにはいきません。
飼い主自身が毎日正しい生活をして、毎日決まった時間に起きたり寝たりしていれば、自然と猫も合わせて夜寝る習性に変わってもらえるかもしれません。