多頭飼い

何匹も猫を飼いたいと考える飼い主さんも多いと思います。
但し単独行動を好む猫の習性から考えても、猫とやたらと緩い生活をしたいのであれば一匹だけ養うことをオススメします。
猫とは距離をもちある程度お互いの生活を尊重して過ごすスタイルにするのであれば、猫に仲間を見つけてあげるのもいいと思います。
猫を多頭飼いする場合、猫の習性からして先のその場にいたものが優先権を持つことになります。
全くない性質の猫の場合は別ですが、基本的には先住猫が真新しい同居猫より立場が上になります。
ですから飼い主は、猫の名前を呼ぶときにも、餌をやるときにも何をするにも先に先住猫を優先して行うようにしてください。
仮に新しくきた猫が子猫だった場合、飼い主としてはそちらをかまってあげたく繋がるものところが、そこは断固として先住猫を優先し、今まで以上にかわいがるようにしてください。
では新しく取り入れる猫の性別はオスかメスかどちらが望ましいのかケースごとに見ていきます。
もし先住猫がオスの場合、去勢手術が住んでいればオスもメスもどちらを新しく入れても大丈夫です。
ただし先住猫がメスの場合、新しく取り入れるのはオスにした方が無難だと思います。
なぜならばメス猫は同性に強い競争心を抱いてしまうからです。
養うのならばオスよりもメスの方がおとなしくて飼い易いと言われていますが、メス猫はとても嫉妬強くて嫌疑が激しいです。
そのためいまひとつ詳しいことを気にすること無く無邪気に遊ぶオス猫にした方が、猫同士が仲良くなりやすいかもしれません。
多頭飼いする場合にはこのような点に注意を払って下さい。

爪とぎ防止

    
猫には爪とぎをする習性があることは先にも述べた通りです。
猫は寝起きに体を伸ばしながら爪とぎをしたり、食後にリラックス気分のときに爪とぎをしたり、遊ぶ前に爪とぎをしたりする習性があります。
そのため部屋の中に爪とぎ器を据え置く時折、生活空間の中で猫が一番爪とぎをしたくなるような場所にセッティングするようにしてください。
猫に使わせるのではなく、何となく使いたくなるような場所に据え置くことがポイントです。
こうすることで、家具などで爪とぎされることを少しは防ぐことができます。
他には爪とぎ被害防止グッズをうまく活用するようにしてください。
猫の爪につけて爪とぎを防止する「爪カバー」が販売されています。
爪カバーにはカラフルなものもあり、見ている側からはかわいらしいアイテムですが猫にはよく嬉しいものではありません。
猫の中には爪切りさえ嫌がるものがいます。
購入前に爪カバーを素直につけて得る猫かどうか判断してから購入した方がいいと思います。
極論になると、猫に爪がなければ爪とぎされる心配もないだろうと感じ取る人もいるかもしれません。
まさに猫の爪切除手術などもあります。
但し爪を引き抜くのはなんとも痛いですから必ずしもやらないで下さい。
両手両足の爪を抜かれた猫は、立つこともあるくことも少しできなくなります。
猫は自分の意思で爪の出し入れができます。
つまり爪を押し出すことに意味があるのです。
それを飼い主の都合で引っこ抜くことだけは絶対にやめてください。

わがまま対策

    
猫はとてもわがままな生きものです。
何かやることがあるとすぐに要求して生じるという習性があります。
猫は何かやると飼い主の顔を堂々見つめて鳴いてせがむという行動を起こします。
最初のうちは猫のこの習性についていけず、何を求めているのか理解できないのですがそのうちにだんだんと聞こえるようになってきます。
たとえばドアの前で猫が鳴く時折「ドアを開けて」ということで、お皿の前で猫が鳴く時折「何か食べたい」ということです。
他にも飼い主にすり寄ってきて泣くようであれば「遊んでほしい」ということになります。
状況から判断すれば猫が何を訴えているのか分かるようになってきます。
ただし猫が要求してそれを飼い主が一度でも受け入れてしまうと、猫はその後も著しく要求を増やすことになります。
ですからしてほしくないことは断固として拒否しなければなりません。
但し実際には何やら思うようにはいかないものです。
猫のこのようなわがままにどのように対処していけばいいのか、飼い主の考え方次第とも言えますが対策の一例を挙げておきます。
猫がわがままな要求をした場合の対策方法です。
仲間目は絶えず無視することです。
猫が諦めるまで見逃し続けるしかありません。
2つ目は水を吹き付けます。
霧吹きなどで猫の顔に水を吹き付けて、一瞬でもいいので猫の思考を止めて見ることです。
3つ目は音を出すことです。
空き缶の中に石を入れて音がなるようにしてそれを猫にあたらないようにして投げて下さい。
音が陥ることで猫の注意が缶に赴き気を紛らわすことができます。
4つ目はおもちゃを授けることです。
これも猫を遊びにいざなうことで猫の気を紛らわす作戦です。