睡眠

猫の習性のひとつがよく寝入ることです。
猫の睡眠時間は誠に14時間もあります。
一日のうち3分の2以上の時間、猫は眠ってあかすのです。
子猫や老猫の場合1日に20時間以上交わるものもいます。
これは猫が野生のころに、獲ものを次いつ盗ることが出来るかわからないので、寝て体力を温存するスタイルをとっていたなごりもあるのです。
ただしこの14時間猫は引き続き熟睡しているわけではありません。
ちょっともの音がしただけで一気に目を覚ますという緊張をもちまして眠っています。
これは昔、猫が狩りをする習性をもちましていたときのなごりです。
いつ敵がやってくるかもしれない状況で、熟睡することはせずにほんのちっちゃいもの音でも起き上がることが出来るようになったのです。
猫の睡眠は、お腹を触ってもしっぽを引っ張っても何をしても起きない熟睡ときの「ノンレム睡眠」と体は寝ているけど脳は起きている「レム睡眠」を繰り返しています。
猫の14時間の睡眠のうち、ノンレム睡眠が6分程度、レム睡眠は半から60分程度で、これを交互に繰り返しています。
猫が心身共に休めているのはノンレム睡眠のときで、14時間のうちトータル3時間程度しかありません。
猫の眠りがどんなに浅いものなのかお分かりいただけると思います。
猫はレム睡眠のときに体をピクピクとさせることがあります。
人間けれども同じですが、眠りが浅いために脳から体の部位に刺激が伝わってはたらくのだと言われています。
子猫の場合はこのレム睡眠のときが体内の神経をつくる大切な時間だと言われています。

水が苦手

    
猫は水を忌み嫌う習性があります。
なんとなく水が足に対してしまっただけでも、猫は一気に足をふって嫌がります。
全身を浸すシャンプーなどは、随分猫を小さいときから慣れさせていないとできないことです。
無理にしようとするとひっかかれると思います。
猫が水を忌み嫌う習性なのは、猫は根っから亜熱帯の砂漠出身の生きものですからです。
砂漠には主として水がありませんし、昼と夜の温度差もとても広いので仮に体を濡らしてしまうと、体温が気化熱で奪われてしまって夜になって寒くなるとほんとに生きてはいられないからです。
ですから猫は水で遊ぶとか水をかぶって洗うことが清々しいとは感じずに、どちらかと言えば砂の上に寝てドライシャンプー変わる方を好むのです。
猫の体にノミがいていたしかたなくシャンプーしたときや、外にいて雨に降られてしまったときなど猫の姿は様変わりします。
濡れた被毛がべったりと体についてみじめな姿になってしまいます。
これは猫の被毛が水をはじけないためです。
猫の毛は犬と同様で下毛で保温されていて、上毛で守られています。
犬の上毛の場合は毛が硬くて毛に脂分もついているので防水性があります。
ですから犬の場合は、下毛が濡れることを防ぐことができます。
ただし猫の毛の場合は、下毛も上毛も柔らかくて防水性もないのです。
予め砂漠で暮らしていた生活なので、水から続けるよりも昼と夜の温度差から体を続けるように保温の役目を重視した毛の作りになっているためだと言えます。
ですから、ノミ対策でシャンプーをするのならば、トリマーさんに頼んだ方がいいと思います。
あるいは動もの病院でノミの駆除薬をもらった方がいいと思います。

理想の家

    
猫にとって理想的な家、猫の立場にたって住み易い家を提供してあげようと考えるときの参考にしてください。
猫の習性に合わせた、猫が快適に暮すことが出来る住空間を提案します。
猫の習性として大きい場所に居場所を勧めます。
猫はケンカが嫌いな生きものです。
そのため激しい猫ほど良い場所にいて、敵が欠けるように常に安全に配慮しているのです。
そういった猫にとって理想の家、部屋にするにはどんなものをしくみ、どんなことに配慮したらいいのか見ていきます。
まるで単独行動をする猫の習性を尊重して、部屋の行き来は猫の自由に出来るようにしてあげて下さい。
部屋にはペットドアを吐出し猫の出入り口を確保します。
猫は自ら積極的に運動する動ものではありません。
そのためダイエットをさせるのが甚だ大変です。
そこで部屋に猫棚を設置することで、日頃から棚を動き回れるようにしておけばダイエットにもなりますし病気予防にも効果があります。
猫は幅の細長いところを移動する習性があります。
ですから猫のスキそうな幅の狭い棚を家の中に設置してあげて下さい。
もっとフェンスなどを組み合わせてニャングルジムを作って吊り上げると、楽しんで猫が運動することができます。
ウッドデッキなどに設置すると日当たりもよくさらにいいでしょう。
猫のトイレに関しては、トイレの壁に爪とぎ用のボードを設置するといいです。
また空気清浄機を近くに置いておくとアレルギー対策にもなります。
グングン理想的なことは、猫が1人に生まれ変われるようなスペースを作って売ることです。