アクリフーズ

2001年、食品業界に激震が走りました。
あの最大手製造会社、雪印の集団食中毒事件です。
これによって、雪印は事実上の解体を余儀なくされました。
そうして、その余波は冷凍食品業界にも及びます。
雪印が経営悪化を理由に、冷凍食品部門を分社化したのです。
その際に生まれたのが、「雪印冷凍食品株式会社」でした。
ですが、「雪印のイメージを変えたい」という声が多く、その結果、翌年2002年には「株式会社アクリフーズ」が誕生しました。
ただし、このアクリフーズもそれほど良好な状況ではなく、翌2003年には当時のニチロ(現マルハニチロ食品)に吸収合併されました。
連結子会社となったアクリフーズですが、その品名は残り、現在に到ります。
このように、沿革だけを見るとそれほど酷い会社のように思われるアクリフーズですが、実際には数多くの冷凍食品を販売している大手製造会社のひとつです。
本当に、冷凍食品売り場には、たくさんのアクリフーズの商品が陳列されています。
冷凍食品の技術の進歩を広く盛り込み、品質の向上に努めた結果、過去の悪しきイメージは払拭され、現在はシェアも安定している状態になっています。
アクリフーズの特徴は、ピザやグラタンといった洋食系の強さです。
雪印時代のノウハウが活かされてあり、乳製品関連の食品には高い人気が集まっています。
チーズ、ホワイトソースなどの食材による商品の品質の高さは天下一品です。
長期に亘って食品業界をリードしてきた雪印の歴史は、アクリフーズの中で生き続けているのです。
 

アクリフーズの人気商品

アクリフーズの冷凍食品で人気の商品といえば、いよいよピザやグラタンが中心となってきます。
一旦ピザですが、「ミックスピザ 3枚入り」「レンジミックスピザ 2枚入り」「耳までチーズピザ マルゲリータ」「耳までカレーピザ」「イタリアンソーセージと5種のチーズピザ」といった商品が販売されています。
この中けれども殊に有名なのは、「ミックスピザ」です。
冷凍食品コーナーのピザをのぞくと、きっちりこの商品があります。
冷凍食品のピザというと、以前は口当たりがぴたっとしている、チーズの風味が微笑ましくない、という先入観が強かったのですが、アクリフーズの「ミックスピザ」はよっぽどそういうことがなく、普通のピザと同じ口当たり、あるいはそれ以上の味を楽しめます。
グラタン、ドリアに関しては、「焼えびドリア 2個入り」「えびとペンネのグラタン 2個入り/1個入り」「えびとチーズのドリア 2個入り/1個入り 」「スパゲティグラタン ナポリタン」「ラザニア 2個入り」「ミラノ風ドリア 2個入り」という商品があり、いずれも良い人気を誇っています。
その中けれども殊に、「ミラノ風ドリア」に関しては、近年のファミリーレストランでの人気が表れ、特筆する人気を誇っています。
お弁当のおかずに関しても、何より乳製品関連に力が入れられています。
「コーンクリームコロッケ」「カニクリームコロッケ」「チーズハムカツ」など、乳製品を前面に出した商品が多く、大きい世代の間で人気を博しているようです。