ニッスイ

日本の水産業界をある程度リードしてきた「ニッスイ」こと日本水産。
その創業は、1911年と、今から100年以上前にまで遡ります。
以降、民間初となる水産研究所の創立などを経て、1937年に「日本水産」という社名が通じるようになりました。
そうして1942年、日本水産はひとつの分岐を迎えます。
水産統制令という条例によって設立された帝国水産統制に、冷蔵部門を分離、譲渡することとなったのです。
本当は、この帝国水産統制は、現在のニチレイに該当します。
予め、ニッスイとニチレイはおんなじ会社だったのです。
名前がちょっと似ているな、としていた人も多いでしょうが、実際にはニッスイから分離したのがニチレイなのです。
以降、日本水産は水産食品の加工を主に行っていましたが、加工食品の販売も行われ、現在においては冷凍食品もニッスイというブランドの下で販売しています。
ニッスイの冷凍食品の特徴は、水産加工食品が圧倒的に多いという点です。
えび、白身魚、かに、いか等による商品が多く、そして人気面でもそれらをメインとした商品が上位を占めています。
上記のような歴史がそのノウハウを出し、際立つ商品を生み出したとして良いでしょう。
ただ、水産食品が力強いからといって、他の部門がしょうもないかというとそうではありません。
ニッスイの冷凍食品は非常に種類が多く、まったく多くのおかず類が販売されてあり、お弁当に添える食品としては申し分のないラインナップが揃っています。
何とも、冷凍食品のメリットが存分に発揮されているメーカーといえるでしょう。
 

ニッスイの人気商品

ニッスイの代表的な人気商品といえば、水産加工食品が中心となってきます。
その中それでも殊更有名なのは「地球のごちそう えびシューマイ」でしょう。
シューマイは、冷凍食品において絶えず安定した人気を誇る食品です。
その要因には、冷凍食品であっても、通常の状態で売られている商品と主として品質が貫くという点が挙げられます。
ただ、それは同時に冷凍技術の潜り込む余地が短く、「メーカー間の差が出にくい」という状況も生んであり、なんだか特色が出しにくい商品ともいえます。
そういった中、ニッスイのシューマイは、味、風味という点で評価が高く、代表的な商品となっているのです。
水産加工食品以外の冷凍食品に目を向けると、麺類と米類で厳しい人気を集める商品があります。
麺類はかなり特徴的で、冷凍食品で一番人気の「うどん」は販売しておらず、ラーメン、五目湯麺、皿うどんなどを販売しています。
そうして、そんな中それでもとにかく大きい人気を集めているのが「ちゃんぽん」です。
ニッスイの「わが家の麺自慢 ちゃんぽん」は、麺のモチモチ感、そして海鮮を中心とした具材12種類を入れたボリュームが特徴で、その品質は業界もトップクラスです。
人気バラエティ番組「お願い!ランキングGOLD」で、40点満点のお墨付きをもらったことけれども有名です。
一方、米類では「大きな大きな焼きおにぎり」が厳しい人気を集めてあり、長く売れ続けている商品としても紹介されています。
おにぎり類は冷凍食品の中それでも甚だ需要がありますが、何より焼きおにぎりは多くのメーカーが販売してあり、その中それでもニッスイの焼きおにぎりは高い評価を得ています。