風味と栄養価の保存

安全面、衛生面に関しては、テクニカルな問題は全くない冷凍食品。
腐敗や食中毒といった、食の問題としてよく奪い取りられるトラブルも、急速冷凍&低温貯蔵の冷凍食品とは無縁のもので、非常に安全な技術といえます。
この点に関しては、近年とっても理解が進んでいるようです。
ただ、「冷凍」という技術に関して、それが食材の質の低下を招くのでは…?という疑念は、多くの人が抱いているものと思われます。
実に、生肉や魚、あるいは野菜などを冷凍保存して、しばらく経ってから解凍、調理をした場合、少なからず風味という点で劣化しているケースは多々あります。
そのため、「冷凍=風味の劣化」という印象が、本当に根強いのではないでしょうか。
結論からいえば、これは誤った先入観です。
確かに、冷凍したものを解凍した場合、食材の風味が損なわれているケースはあります。
但し、これは家庭用の冷凍冷蔵庫で冷凍した場合です。
ある程度時間をかけて冷凍していく間に食品の組織が壊れ、風味や栄養素が損なわれるということは、現実に起こり得ます。
ですが、冷凍食品の場合は「急速凍結」という技術としています。
この技術なら、食品の細胞が壊れず、風味を以て入れることが可能なのです。
マイナス18℃以下での保存を続けていれば、ビタミンCなどの栄養素ばかり損なわれないということも、研究によって明らかになっています。
いよいよ、多くの有名な料理人が、冷凍食品に対して好意的な意見を述べています。
保存性という点だけではなく、味、風味、栄養という面においても、冷凍食品は優秀なのです。
 

おかずのバリエーションが豊かに

近年、冷凍食品が普及した最大の理由。
それは、お弁当に使用する上で、非常に大きなメリットがあるからだと言われています。
昼食は家から持って来たお弁当で終わらす、という成人もかなり増えてきてあり、お弁当需要はたくさんなってきているのです。
冷凍食品がお弁当に繰り出すメリットは数多くありますが、とにかく幅広いものそれでは「おかずのバリエーションが豊かになる」という点でしょう。
手作りだと、なんだか種類を手広く始めるのは大変です。
手間もお金も掛かります。
ですが、冷凍食品の場合は、こういった症状が全てスポイルされるのです。
例えば子供のお弁当を仕立てる場合、できるだけおかずは手広く、栄養豊富にしたいと思うものですね。
肉類、魚、野菜、デザート…各種用立てることで見栄えもよくなり、健康にもプラスになります。
やはり、飽きられないという点が大きいですね。
冷凍食品の場合、これらのおかずを各種揃えて小出しにし、残りは冷凍庫で保存するという使用法が簡単にできるというのが大きなメリットとなります。
冷凍庫のスペースに余裕がある場合は、あらかじめ多くの冷凍食品を買いためて置き、その中から一週間のメニューの組み合わせを考えて少しずつ使って出向くという方法も可能です。
おかずを考えるだけでも相当苦労するお弁当作りにおいて、これほど心強い味方はないでしょう。
たくさんの種類のおかずが販売されているので、お弁当作りには最適な商品といえます。
 

コストパフォーマンスが良い

コスト面における冷凍食品のメリットは、最もその費用対効果にあると思われます。
何と言ってもおっきいのは「保存出来る」という点です。
例えば、お弁当のおかずにハンバーグを作るとください。
その場合、挽肉などの材料を購入して調理します。
ここで重要となって生じるのは、挽肉の量です。
ワンパック50gくらいで売っていれば、なので幼いハンバーグを調べることは可能ところが、実際にはなんだかそういった小出しの商品はなく、最低でも100gくらいの量で売られています。
しかも、500gや1kgのパックと比べると、若干割高についても多いものです。
挽肉100gパックを購入し、なのでお弁当用のハンバーグを作るとなると、思い切り材料が余ってしまいます。
余った材料は冷蔵庫で保存することになりますが、挽肉は傷み易く、直ちに変色し、取り扱う上で抵抗が生まれてしまいます。
冷凍保存した場合けれども、それは同じです。
場合によっては、そのあまりを捨ててしまうことにも変わるでしょう。
その点、冷凍食品の場合は、一度使用した商品を冷凍庫に入れておけば、何も変質させること無く、次の週にも使用できます。
非常に高いコストパフォーマンスが発揮されるのです。
しかも、スーパーなどではずいぶん安売り達することが多く、非常に安価での購入が可能で、場合によっては手作りするよりもまったく安くおかずを埋め合わせることができます。
冷凍食品はもの保ちが良いというだけではなく、価格においても大きなメリットとなる商品なのです。