スマートグリッドを導入すると何が変わるのでしょうか

近年話題に上る事があるスマートグリッド。
嬉しいとは聞きますが本当に導入する事で何がどう変わるのでしょうか。
いくつか挙げてみたいと思います。
今は情報連携されていない電気を組み立てる部分と取り扱う部分がスマートグリッドを導入する事で連携達する様になって来る。
すると電力の利用効率が格段に向上する様になりますのでバランスが望まれる様になって来る。
普段一般的なお宅では昼と夜の電力利用に差が出ていますよね。
これを解消する事でコストダウンや省エネ効果も狙える事が出来ますのでかなりの効果が期待出来るのです。
またおんなじ電力も新エネルギーの太陽光発電や風力発電と言うのは出力が決して落ち着きませんよね。
あんな新エネルギーの不安定さをスマートグリッドを導入する事でまかなう事ができ、効率的に利用可能となると指し示す。
一層新エネルギーがスマートグリッドによって普及してくると、小規模で分散型という電力の仕組みが増えてくると言われています。
これは今までの様な電力発電所みたいな大きな所だけじゃなくて、各家庭と言った小さ目所でも電気を作る事が出来るというものになります。
スマートグリッドを導入する事で電力に対して様々なメリットが在ると予想されています。
日本では元来電力網システムが高度化しているのでめったにメリットが無い様に感じられますが、アメリカの様な電力網が退化している国では社会問題にもなっていますので、スマートグリッドに多大なる期待が秘められている様です。
 

スマートグリッドって結局何なのでしょうか

ぼんやりスマートグリッドと言ってもイメージが付きづらいかと思いますが、「スマート」は「賢い」という意味、「グリッド」は「電力供給網」という意味、この「うまい電力供給網」の事を「スマートグリッド」と呼んでいます。
質が良い電力供給網と言っても良いかもしれませんね。
どんな事なのか具体的に言うと、電力発電所の様な電気を供給してくれる施設から、自分が住んでいる各家庭、働いているオフィス等に電気を送ってもらえるよね。
この仕組みを電力供給網と言うのですが、この電力供給網の中に初々しい技術を取り込む事によって、今まで一方通行だった供給と需要の流れが、双方向に変わる様になったそうです。
これによって電力供給の不安定さを解消したり、太陽光発電や燃料電池(蓄電池)の様な需要している側から電気を作って供給して出向く様にのぼる事を期待しているのです。
スマートグリッドに欠かせない機器にスマートメーターと呼ばれるものが有りますが、スマートメーターには色んなInformationTechnologyを処理する機能、センサー等も含まれています。
スマートメーターはスマートグリッドに欠かせない全く重要な要素なのです。
これらの技術や機器を活かして蓄電技術を向上させたり、送電技術の向上が見通せる様になったりしていくのです。
もうすぐ導入している国や地域が増えているスマートグリッドですが、今後どの様な成長を遂げていくのか、もう一度賢さを増す電力供給網になってくれるのか、見届けたいですね。
 

スマートグリッド時代突入

トレンドは速いものところが、今はスマートグリッド時代に突入を通じているそうなのです。
スマートグリッドとはハイテクシステムを導入し、コンピュータ・ネットワークと、電力の送電網を繋ぎ合せてシステム化させ、今まで一方通行だった電力売り手と電力需給側との繋がりを双方向として赴き、電力需給と供給を効率よくバランス良く行っていくシステムになります。
発電する太陽光発電や風力発電は決して自然の力を頼らざるを得ない所が有りますので、天気によって発電量が到底増減してしまう場合が有ります。
そういった自然エネルギーを安定的に有効利用する為には、電力の供給、需給のバランスを調整して行く必要が在るのです。
この調整をする為に必要なのがスマートグリッドというシステムだという訳です。
何か異次元の話をしている様に感じますが、私達の私生活とも濃い関連が有るので他人事と思わない様になると良いと思いますが、実際にスマートグリッドという言葉を聞いた事が見て取れる方はきちんといないと思います。
生活の中それでもエコや省エネ、節電っていう所に関連が出てくると思います。
直接何かしてくれという話は今後どうなって出向くかが分かりませんので何とも言えませんが、現状これからスマートグリッド時代に突入しようとしていますし、実際に世界各国では今や導入している所も有ります。
実験段階のスマートシティと言う所も有ります。
ですから、僅か興味を持って調べてみるとスマートグリッドとは何たるか、何故時代に突入するのか、その理由が分かるかもしれませんよ。
 

送配電システムの問題を解消

新エネルギーである太陽光発電や風力発電はエコであるという事、二酸化炭素排出量が削減されるという事につながるという事を受けて、今後とことんの増加が見通せるそうです。
日本も温室効果ガスを削減する為の目標が掲げられてあり、2005年比で2020年に15%もの削減をしようと言われているのです。
これを実現させる為には、2020年に太陽光発電を20倍には増しなければならないという事になります。
但し天候に左右されやすい新エネルギーではスマートグリッドの分散型電源が増加したとしても今現在の送配電システムによっているからにはやはり問題が出てきてしまうと言う。
今現在の日本の送配電システムでは太陽光発電も1000万キロワットまでは対応出来る様ですが、さすがにそれ以上になってしまうと不安定になって仕舞う可能性が在ると言います。
そうすると結果的に大規模停電になってしまうかもしれないと予想されるのです。
スマートグリッドを導入するとこの不安定さを解消して電力を安定供給出来る様にしていただけるのです。
具体的にやる事と言うと、送電の監視、停電事故が起きても最小限で抑えられる様にするオートマチックシステムを導入するという事、蓄電池を消費者側にも配備して電力を安定していこうという動き、スマートメーターという機器として消費電力をコントロールしようと言うのです。
アメリカではこのスマートグリッドプロジェクトに多大なる資金を投入したそうで同時に注目を集める事になりました。
 

スマートグリッド【日本の課題】

今は世界中でスマートグリッドに対する導入が行われていて、色んな取り組みが行われています。
その為に、他の国でうまくいっている事例だからと言って日本も導入したら良いのかと言うとそうでもない様です。
何故かと言うと、スマートグリッドは万能という訳では有りません。
再び各国、各地域で抱えている問題や課題は違います。
それ故に使いたいプロジェクトも違っていらっしゃる事になるのです。
スマートグリッドを単に導入したとしても問題解決にはなりません。
スマートグリッドはあくまでも問題解決へのきっかけ作りを通して受け取るツールにすぎないのです。
だからスマートグリッドを導入する際には今どんな問題が有り、課題は何が有るのかという事を観る事から始めていくと良いでしょう。
そうしてその問題や課題は電力を供給する側から見たものだけではなく、電力を需給する側からも見て行かなくてはならないと考えられます。
日本においてスマートグリッドを導入する意味、そこに置かれた課題に関しては、現在のエネルギー事業者、目新しいエネルギー事業者、消費者という全ての方から見て、それぞれ違う意見を出していかなくてはならないのです。
スマートグリッドと一言で言っても導入するには様々な分野の業者と連携を取ってようやく実現する物になります。
その全ての方面で打ち合せ、試行錯誤していかなければならないのです。
それが解決した時、ようやくスマートグリッドの機能が生かされる様になるのではないかというのです。