スマートグリッドにはどんなメリットが有るでしょうか

色んなメリットがスマートグリッドには見て取れる様です。
主なメリットを挙げてみたいと思いますので参考にしてください。
【メリット1】
今まで電力を供給してきた側が管理してきた電力利用量を消費者の方からも管理できる様になるというメリットが有ります。
これにより様々なメリットをもたらす事が出来ます。
【メリット2】
エネルギーもリサイクル可能なもの、分散型のものがありますが、こんなエネルギーを有効活用でき、最適化に役立てるというメリットが有ります。
【メリット3】
昼間使われている電力をパートだけ夜間電力の方に移して見せる方法をピークシフトと呼んでいるのですが、これを使って電力設備を有効活用し、需要する側が省エネ出来るというメリットが有ります。
【メリット4】
でかいでの停電というのが、ほとんど無くなるというメリットが有ります。
【メリット5】
質が良い電力の供給をする事ができます。
【メリット6】
社会的においてコストが削減出来るメリットというのが有ります。
日本の電力網は世界においてもトップクラスだと言われていますので、上記のメリットにおけるコスト面のメリットと言うのは大して考える事は無い様です。
その為に今までは決してスマートグリッドを取り入れる不可欠に駆られなかったので、スマートグリッドを取り入れた時期が遅く、先に取り入れていた欧米について依然遅れている部分が有りますが、この様なメリットが見て取れると言われています。
 

アメリカのスマートグリッド構想

電力網を情報化してコントロールするというのがスマートグリッドになりますが、アメリカにおいては経済の再生、環境問題(地球温暖化対策)、国際競争力を強化する事に繋がるエネルギー対策として注目にあたっています。
ここでアメリカにおけるスマートグリッドの構想を挙げてみましょう。
アメリカが現在使っている電力網インフラ自体は思い切り退化が進んでいる様で、停電事故が多い事も受けて相当精度が無いと言われています。
それゆえに国家安全保障という観点から見てもしょうもないという印象になりかねません。
電力を強化する理由としても人口が増加傾向にある事、家電が増えて利用者も増えてきている事、それに伴って電力需要が高まっている事等が挙げられます。
また電力を火力発電で作っていたという事もあり、石炭として作られている火力発電では二酸化炭素の排出が地球温暖化に繋がるのではないかと随分懸念されているのです。
グングン、外国においては電力網をずっと近代化していっている中でアメリカだけが退化している電力網としているという事は、国際競争力においてもさんざっぱら希薄になってくるのではないかと懸念患うのです。
これはアメリカでは国家的問題となっている様です。
こんな事から、スマートグリッドの様に精度が有って、安全で、有効で、電力を使うだけじゃなくて再生可能エネルギーを利用するという活動にも繋がっているのです。
そういった構想はアメリカのみに限った話ではありませんが、アメリカではスマートグリッドに対する構想を何かと練っている様です。
 

新エネルギーの質が悪くなる?

次世代の送電網であるスマートグリッドはアメリカ大統領であるオバマ大統領が打ち出した景気対策の一つとして注目されています。
今現在、電力の発電と言うのは太陽光発電と風力発電という天気や気候に左右されやすい状況から作られています。
この質の悪さ、不安定な方法で作られている電力を安定させる事が出来るとか、電力の需給をコントロールして省エネ方向に向かわせるとか、そんな事が叶う送配電システムとなるのです。
但し、日本ではスマートグリッドを導入する前から電力のスマート化が世界最新で行われてきたという事実、スマートグリッドは電力の使用量を監視する為に、プライバシーと言われている中でプライバシーを侵害してしまうのではないかという問題がある事を受けて相当普及までには至っていない様です。
当面はスマートグリッドに関するビジネスチャンスとして、技術を輸出しようという動きが活発になっている様です。
あんな中、太陽光発電や風力発電の様な新エネルギーの普及が電気の質を悪くしてしまうという考えがある様です。
風力発電に適している基盤と言うのは冬の季節に偏西風が吹き易い緯度40度より北だと言われています。
その特徴にあたって該当地域では風力発電の拡大が成されているのですが、現在の送配電システムで運用すると風が強くなってしまうと電力が逆流してしまい、周波数が落ちる。
つまり質が悪い電気が供給されて仕舞う事になる様です。