スマートハウスでスマートグリッドを実験

経済産業省では、スマートグリッドを残し、社会におけるインフラ整備をしようという試みの一貫として、スマートハウスによる実験をプロジェクト化して進めています。
スマートハウスでは何を行うかと言うと、スマートグリッドに家電、太陽電池による設備、電気自動車等を繋いで赴き、エネルギーの需給をデータとして処理して活用し、住宅におけるエネルギーを分散してみようという事を行っています。
このプロジェクトに実に参加している企業では、既存のマンションによってスマートハウスとして利用し、太陽光発電パネルを取り付けたり、電気を貯める蓄電池を取り付けたりしています。
そうして、電力が目における様な装置を取り付け、実験しているとの事です。
このスマートハウスでの目標として二酸化炭素排出量を半分に燃やすという事、スマートハウスにおける全体のエネルギー管理を行う事、入居者間のコミュニケーションを把握して新たなるサービス提供が出来るか検証するという事が挙げられています。
小さい規模でスマートグリッドを実現出来るスマートハウスは、未来の私達の生活を予想できる未来ハウスかもしれませんね。
私達の生活は色んなものが便利になりました。
ただしまったく非効率的なものは存在します。
代表的なものと言うと渋滞が在るでしょうか。
これらも効率化するだけで思い切り環境的にもエコが目指せるのではないかと感じるのです。
スマートハウスにより様々な実験が施され、結果的に私達の生活が効率化浴びる様に陥るのかもしれませんね。
 

世界各国でスマートグリッドが導入

世界中でスマートグリッドが導入されています。
その中の一つがマルタ共和国で行われているスマートグリッドのプロジェクトで、IBMが展開しているプロジェクトの一つだそうです。
マルタ共和国の主なエネルギーは火力発電な上に、交通手段は自動車ばっかだそうです。
ですからマルタ共和国の環境問題として二酸化炭素の排出量が多い事が挙げられています。
この問題をどんなにしようと考えて、電力と水力を目で当てはまる様にして、スマートグリッドを世界でいよいよ導入した国となったのです。
導入は国をあげて行われ、全世帯にスマートメーターを取り付け、リアルタイムとは行きませんでしたが、各エネルギーの消費データを電力を15分毎、水力を1時間毎にとりインターネットを通して目における様にしたそうです。
これにより通常電気がたくさん使われる時間帯は昼間だが、この時間帯の電気料金を他の時間帯より高く設定したそうです。
結果、電気の使用量を押さえつける事が出来る様になったし、管理もし易くなったのです。
また、同じくスマートグリッドを導入しているデンマークでは、ボーンホルム島と言う所に第一段階としてスマートグリッドを導入しました。
ここにスマートグリッドを導入した目的は電気自動車を一段と利用する事、風力発電を安定させる事でした。
この2つを導入する事で、風力発電の電力が足りなくなったら電気自動車で溜めた電力から補える様にするというものです。
この様に補っていって電力の安定供給を実現させる為に各国でスマートグリッドを導入しているのです。
 

自分達も参加してエコな社会を作ろう

エコな社会を実現すべく、日本も色んな製造会社が自治体等と協力し合い支援しあいながら色んな非効率なものを無くして、私達の生活に貢献したいという様に考えていますが、私達消費者もそう言った問題意識を持つ事がほんとに大切だと思います。
実に、今の社会はエコな方向へ、非効率化を目指して出向く方向へ進んでいる様に感じます。
各製造会社が消費者に対してエネルギーについてどうして考えているかの調査をしたそうですが、その結果から見ても消費者のエネルギーに対するエコ意識が高まってきている様に受け取るそうです。
その結果を分析したところ、エコな社会を作り上げる為に断然必要な事は、こうした社会を組み上げる為の技術を進展させる事、また技術を使いこなす為に消費者自体が主体性を持つ事が大切だという事が分かったそうです。
今までは技術の進展は製造会社側が主導権を握っている様な感じでしたが、今後はその主導権自体も消費者へ移行して行くのではないかという予想もされています。
つまりこれからのエネルギー供給は、発電所、送電所として各消費者の所に供給されるという訳ではなく、分散発電を通して、色んな選択肢が可能となる様になるのではないかと予想されているのです。
これを実現する為にスマートグリッドと呼ばれているシステムを通じて、私達の生活をより便利で快適に、非効率化を目指して負荷が無い様な世の中としていこうとしていて、消費者がどんなに関わって現れるかも思い切り重要視される様になって来る。
各地域でスマートグリッドに関するシンポジウム等が開かれている場合も有りますので、一般者も参加出来るのであればぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。