スマートメーターって何でしょう

スマートメーターというスマートグリッドに対応している電力メーターが有ります。
アメリカのGoogleが『Google PowerMeter』を出した事で突然注目度が上がった電力メーターも有ります。
スマートメーターには様々な機能が備わってあり、電力消費量を即座にデータ化させる機能、システムに通信できる機能、色んな電気機器と連携させて管理してくれる機能等が有ります。
では、スマートメーターを導入する事で如何なるメリットが出てくるのでしょうか。
メリットとしては今電力量を検針に行ったりしていましたが、そういった時間と人件費を削減する事が出来るメリット、出先にいても家に在る家電機器を制御出来る様に罹る為、電気代の節約などコスト面においても削減可能になるメリット等が挙げられます。
そういった便利なスマートメーターですが、現在の普及率は全体の1割程度でしか無く、今後普及がどうなっていくのか見て行きたいところではないでしょうか。
けれどもどうしたら普及して出向く様にのぼるのでしょう。
日本での普及に関して言うと、日本では電気メーターは計量法という法律の基、10年に1回は検定をしなくてはならないと有ります。
つまり、スマートグリッドに伴ったスマートメーターは本格導入される為に10年有れば良いという事になるのです。
また、これに伴い、関連会社も更なる展開を迎えるとの予想もされています。
今後、スマートグリッドとスマートメーターがどうして普及していくのか楽しみでも有ります。
 

スマートメーターが出来る事

現実にスマートグリッドを行う為に必要な機器としてスマートメーターが有ります。
スマートメーターを取り扱っているメーカーはいくつかある様ですが、スマートメーターって果たしていかなる事が出来るのか、どんな機能が必要なのか。
スマートメーターの機能について挙げてみたいと思います。
【データ収集】
太陽光発電から出されている発電量、自宅で使われている電力消費量等をいちいちデータとして処理し、スマートメーターに連携しているアプリケーション、データを収集している電力事業者に対してデータを提供する機能が有ります。
これにより電力の使用量を時間帯別、電気を使っている機器特別把握する事が出来るのです。
それを基に今後の利用方法や電力の供給方法を決められていくのではないかと期待されているのです。
【自動調整】
スマートメーターに人工知能(AI)を持ち込む事で家電製品の電源ONやOFFを自動的に調節したり、エアコンであれば温度設定の調節をしたりする事によって、電力にかかる負荷や発電量を自動的に調節して適切にする機能が有ります。
【通信機能】
電力の商人と需給側という長距離型の通信機能はもちろんの事、需給側内の様な近距離に対応出来る無線機能を併せ、通信させる機能が備わっています。
これにより、スマートメーターを通して外部から電気機器を管理させる事が可能となります。
これらの機能が付いている事でスマートグリッドが流行りよく出来る様になるのです。
 

スマートメーターが持つ課題とは

スマートメーターがスマートグリッドを実現化させるチェックポイントと言われていますが、実現させる為には課題がいくつか残されている様です。
どういう課題が有るかちょっと例を挙げてみましょう。
スマートメーターは機器の名前ですが、機器の性能面は特に問題は乏しいようです。
しかし、スマートメーターによるアプリケーションやシステムの開発を進めなければならないという課題が見て取れるのです。
現在の仕組みを見てみると、インターネットによる色んなサービスが展開されていますよね。
それと同じ様にスマートグリッドを展開して行く為にはスマートメーターによる色んなサービスを展開して行く必要が出て来るのです。
またこの他の課題としては、スマートメーターやスマートグリッドに関する説明を消費者側に行い、理解して貰う様にしなければならないという事です。
これは英国で起こった問題が在るそうで、スマートメーターを各消費者側に備え付ける事で、電力の測定が正確な値を出した為、ばらまきするどころか逆に電気代が高くなってしまったという事象がそこそこ起きたそうです。
こう言った問題が起きてしまうと、スマートメーターの導入自体に影響を出してしまう為に、認識をしっかりとしてもらわなくてはならないのです。
その為にもスマート
グリッドのメリットや使用するスマートメーターの性能や特徴等を、政府や事業者側が消費者側にしっかりと説明して出向く必要が見て取れるのです。