スマートグリッド【エネルギー管理】

色んな可能性が秘められているスマートグリッドですが、スマートグリッドには色んな会社チャンスが在ると言われています。
ではその会社チャンス、企業にとっては如何なるチャンスに変わるのでしょうか。
ここでは「エネルギー管理」市場における会社チャンスについて説明してみましょう。
エネルギー管理アプリケーションとして扱われている物と言うと、各ご家庭で使われているエネルギー消費量を一目で判る様に表示してくれるソフトウェア、エネルギーを使っている機器の中で使いすぎている機器をアラートで教えてくれるアプリケーション、各家庭において燃料電池を制御してもらえる制御ソフトウェアは電力を使うピークの時間によって供給してくれるもの等が挙げられます。
今ここで挙げたのは家庭という小さい規模に関してでしたが、大きい規模て挙げてみると、電力使用ピークを地域一帯に絞ってみて、大規模発電、小規模発電の両方を調整するシステムの事を表わしたり、電力網に関連する拠点や設備を遠隔で監視したり制御したりするシステムの事も指しています。
そういったアプリケーションを開発する為には、先に利益がくるのでは無く初期投資をしなくてはいけなくなります。
だからこそ簡単には手を出せず、流すからには大きな会社チャンスになると思うのです。
とっくにWeb上でアプリケーションによって参入している企業も有りますので、今後どの様に洩れるのか見て行きたいところではないでしょうか。
 

スマートグリッド【セキュリティ】

課題の一つとしても挙げられているスマートグリッドのセキュリティ、対策自体はかなり苦しく、大きな課題だと言えます。
今までの電力網の電気管理はアナログで行われてきました。
ただしスマートグリッド化に伴いIT化されて出向く事になりますので、データ管理がしやすくなりパソコンからアクセスも簡単に出来る様になります。
するとリスクとして伸びるのがハッキングされるとか、システムがウイルスに侵されるとかになってくる。
それを避ける為にセキュリティ対策をしなくてはなりませんが、そこに会社チャンスが発生するのです。
ではいかなるセキュリティ対策を施したら良いのでしょうか。
セキュリティ構成を挙げてみたいと思います。
先ずはセキュリティポリシーを計画して認識させる事、機器に対する防御とセキュリティに関する構成管理をしっかりする事、セキュリティや障害に対するモニタリングと発生ときの対応、監視やリスクヘッジという事が挙げられます。
これを会社チャンスとして生かす為には、売り手向けセキュリティ対策、需給側セキュリティ対策、セキュリティが大きい機器の導入、セキュリティが高い通信網の構築、セキュリティがおっきい送電線等が挙げられます。
こんな事に目を付けて行く事でスマートグリッドに関するセキュリティ対策を会社チャンスに変えていく事が出来るのです。
未知の分野だからこそ会社チャンスに変えて発展していくと良いと思いますよ。
 

スマートシティとは何でしょう

スマートシティという都市が有りますが、一体何の都市の事を指しているのでしょうか。
スマートシティとは簡単に言うとスマートグリッドに関する主な技術をつぎ込み、その都市全体のエネルギーシステムの構造を効率化、オプティマイズさせた都市作りを目指そうと構想している都市の事です。
スマートグリッドに関する主な技術とは、再生可能エネルギーの利用、発電システムの分散化、ビルや家庭で生きる電力の効率化、自動車を全て電気自動車にするという事が含められています。
これを実現する事が出来ると、省エネを都市全体で行う事が出来ますし、風通しが出ないし余分な電力を使わないので二酸化炭素の低下にも繋がってくるという構想を持ち歩いています。
政府は二酸化炭素の削減を1990年に対して2020年には25%減をしたいという目標を掲げていますので、スマートグリッドの構想を取り入れたスマートシティは正しくその目標の鍵になると当てはまるのです。
スマートグリッドを行うには、さんざっぱら大規模な投資額が予想されていて、100兆円は超えると言われています。
それだけスマートグリッドにかかる期待が大きい事が分かります。
実運用において、世界各国で展開されているスマートグリッドのスマートシティですが、スマートグリッドがどれだけ社会的にも効果が出るのかを実証する為に、日々研究が進められていて、着々と実現にかけているのです。
それだけに、スマートシティには大きな期待が寄せられているのです。