将来多大なる影響があるスマートグリッド

電力、エネルギー、自動車と私達の生活に欠かせないものとスマートグリッドは将来的に大事、切っても切り離せない存在になるのではないかと言われています。
それほど知られていないスマートグリッドですが、簡単に説明するとインターネットと同じ様な感覚で在ると言えます。
インターネットは通信分野におけるシステムになりますが、スマートグリッドは電力分野におけるシステムという事になります。
どうしてインターネットとスマートグリッドが似ているのか、色んな方が議論を通しているので色んな見解が見て取れると思います。
どういう見解が有るのか幾らか挙げてみましょう。
先ずはスマートグリッドは生かし方次第で大きなビジネスチャンスに繋がるという事です。
インターネットが普及した時を考えてみましょう。
インターネットが一般家庭に普及し始めたのが1990年代の事、インターネットを使う為のパソコンが爆発的に売れ、ヤフーやグーグルと言ったネット企業が参入してきて電子媒体で取引をする様になりました。
今ではインターネットは生活にも社会にも欠かせない存在になりました。
スマートグリッドにもこれと同じ様な可能性が込められているという事で、色んな企業が今スマートグリッドに注目を通しているのです。
それは電力とは大いに無関係の企業も含まれているそうです。
それと将来的に家電や電気自動車等を繋げて、ITビジネスにおいてのビジネスチャンスがはびこるのではないかという見解です。
色んなチャンスや可能性が有るスマートグリッドは将来、様々なものに欠かせない存在になるのではないかという考えなのです。
 

電力の最適化を行うスマートグリッド

電力を需要している側が供給している側に繋がる。
双方で協力する事で電力の無駄を取り除き、オプティマイズする様な仕組みになっていくと言われています。
スマートグリッドの事を言うと色んな人が色んな見解で説明を通していると思いますし、インターネットを見てみても色んな説明を頂けるというのですが、ある定義を挙げてみると、発電を通している場所(集中型も分散型でも)から電力は高圧送電や会社があるビル、家庭への配電はもちろんの事、家電や蓄電にいたるまでの電力システムの動きをずっと監視し、無駄を防御し、システム化によって電力がオプティマイズできる様に送電システムを近未来化していくという事だそうです。
どうやら分かりやすく説明している様でも、初めて聞いた人なら思い付か人も多いと思います。
簡単に説明すると、今は電力を供給する側が需給側に対して多い電力量を一定で送っています。
それを需給する側と協力する事によって、電力の需給を合わせていくという事だと思うのです。
考えはとても有難い事ですよね。
でも単純に出来るかと言うとそんな事はありません。
これを実現させようとすると、家庭においてこれだけの需要が欲しいという情報と、電力会社が今これだけの電力を供給しているという情報の双方の情報を即座に収集して、分析して、情報を戻すという事を行わなければなりませんし、そんな情報を処理するシステムを導入していかなければなりません。
それにはともかくITの力が必要ですし、ITを通じて需給のバランスのオプティマイズをする電力網の事をスマートグリッドと呼んでいるのです。
 

スマートグリッドが抱えている課題

導入から普及するまでスマートグリッドは5~10年はかかると言われています。
本格的に普及するまでに解決しておかなければならない課題があるので、どういう課題があるかいくつか挙げてみたいと思います。
【技術を収束していく事】
スマートグリッドに関連する技術は収束には依然至っていないそうです。
スマートグリッド大国であるアメリカ、ヨーロッパ、中国等では先駆けてスマートグリッドに関する収束をしようと取り組んでいます。
日本はそれに伸びる形になりますが、続いて取り組んでいます。
日本では経済産業省がスマートグリッドの収束を国際化しようと成立を目指しているのです。
【蓄電技術の有効活用化を開発】
電力には需給のギャップが有ります。
これをピークシフトと呼んでいるのですが、ギャップが少なくなる様に電力を有効活用する為には、需要が少ないら余分に供給されてしまった電力を貯める為の技術、「蓄電」が必要になります。
ただしこれをインフラとして扱う為には何かと課題が残っているのです。
今後クリアする為には性能面においてもコスト面においても策する必要が有ります。
【セキュリティ】
スマートグリッドの電力網の情報通信経路が強化されていくと、何か有ったときの被害も勿論大きくなってしまう。
パソコンがウイルスに侵されたり、ハッキングされたりする感じ感覚だと思ってくれれば良いかもしれません。
これが現実になると困難自体になってしまいますので、対抗策と普及を何で出向くかが今後の課題となってくる。