エコキュートを導入してみよう

現にエコキュートを導入する場合、さっさと商品を購入するのは適切な行動ではありません。
エコキュートは巨大なシステムというわけではありませんが、でも一般家庭に導入する場合はそれなりに準備が必要です。
この準備を怠ると、整合性をとれずに扱いが難しくなったり、なんらかの不具合の原因が生まれたりします。
コスト面でも、性能面も最高のパフォーマンスを発揮して味わうためには、ひとたび容量の確認から取りかかりおくと良いでしょう。
エコキュートはボイラーの代わりとなる技術ですが、ボイラーを以てエコキュートに変更、とはいきません。
全く違うシステムなので、一からの出発として下さい。
とはいえ、従来の給湯器同様、暖めるためのお湯を加えるタンクが存在し、この規模が製品自体の規模を決定付けるという点においてはおんなじと言えます。
もしもこれまでボイラーとしていたならば、そのボイラータンクの容量を確認しておきましょう。
そうでない場合は、家族の人数から適切なタンク容量を算出します。
エコキュートを導入する場合のタンク容量は、2~4人の家族とすると300~370リットルが適切と言われています。
5~6人家族の場合は、460リットルの容量が良。
基本的には、この460リットルがエコキュートの最大容量となりますが、三菱、東芝ではそれ以上の550、560リットルを用意してあり、6人を超える場合はこの二つのメーカーの利用がお進めです。
しかし、エコキュートのタンク容量は家族の人数だけでは決められません。
浴槽の大きさにも注意が必要です。
大型の浴槽の場合は一度に扱うお湯の量が多くなるので、それだけ大きなタンクが必要になります。
 

適切なタイプとは

基本的に、エコキュートのタンク容量は、各メーカーとも310リットル、370リットル、460リットルの3種類を用意しているとして差し支えありません。
メーカーによっては若干の数字の違いもありますが、おおむね同じくらいです。
三菱、東芝はそれぞれ550、560リットルのタンクを用意していますが、これは例外として良いでしょう。
エコキュートのタンク容量は、「一日の使用量」とイコールになるわけではありません。
たとえば、適切なお風呂のお湯の温度である42℃で検証すると、310リットルのタイプけれども夏場なら1,800リットル、冬場も1,000リットル以上のお湯が使用できるという結果が出ています。
但し、これはいわゆる「多めモード」の場合で、深夜電力のみを使用した場合には、冬なら500、夏なら700リットルくらいが限界です。
夏と冬でお湯の使用量がやけになるので、基本的には冬の使用量を目安にタイプを選ぶと良いでしょう。
では、具体的に適切な容量の見極め方法をみていきます。
一例として、4人家族が300リットルの浴槽を使用している家庭のお湯の使用量を算出してみましょう。
この場合、浴槽に含めるお湯が大体全容量の8割程度と考えると、300×0.8=240リットルとなります。
このお湯を毎回切りかえるわけではないので、基本的には保温のために必要なお湯をここに足せば問題ありません。
保温を連続2時間に設定した場合は、75×2=150リットル必要となります。
これに加え、シャワーに使用するお湯も確保しておく必要があるでしょう。
シャワーに扱うお湯は、大体独自100リットル以内に納まります。
従って、100×4人=400リットルを確保しておけば問題ありません。
これで合計は790リットルとなります。
冬場はすすぎものなどでお湯を使うので、プラス100リットルくらいをみておきましょう。
つまり、約900リットルで十分に賄えるということです。
この量だと、370リットルでも深夜のみでは賄えません。
エコキュートで深夜電力使用を前提とする場合は、「多め」モードを利用するか、節約するか、460リットルにするかを選択する必要があるでしょう。
 

水圧を見極めよう

お湯の使用量もエコキュートを導入する上では重要ですが、同様にシャワーの水圧も重要となってきます。
というのも、シャワーの水圧に不満を携帯している人がはなはだ多いからです。
特に、マンションやアパートに住んでいる人は、入浴ままシャワーの水圧に対して違和感を覚えたり、明らかに水圧が低くて頭や身体を洗うまましっかり洗えた気がしないと感じたりしたことがある人が大半ではないでしょうか。
それくらい、シャワーの水圧は日常生活においても重要な要素です。
基本的に、電気温水器を利用する場合は水圧が低くなる傾向があり、非常にシャワーの勢いが弱いという状況が続いていました。
但し、エコキュートによってそれがついに改善されています。
エコキュートの場合は、従来の電気温水器のシャワーの水圧から倍以上にまで引きあげることに成功しています。
従来は85kpaが標準だったのに対し、エコキュートでは170~190kpaの水圧を利用することができます。
また、シャワーの問題として、2階に浴室がある場合にはシャワーの水圧がすごく取り除けるというものがありました。
エコキュートはこの点も改善してあり、2階までなら1階と同じ水圧で利用できます。
3階以上の上のフロアに対しても、パワフル高圧型のエコキュートを契約すれば、大きい階も勢いのあるシャワーを浴びることができます。
シャワーの水圧は、気づいたまま変更出来るものではありません。
契約の時点で決定します。
そのため、エコキュートを利用する場合には実にどれくらいの水圧になるのかということを事前に確認しておくことが重要です。
 

タイプを見極めよう

商品というものは、基本的にはその要望によってずっと進化し続けます。
そうでなければ、他のメーカーとの競合に敗れるからです。
従って、複数のメーカーが参入している商品に関しては、恒久的に進歩し続けると考えて良いでしょう。
そうして、それはエコキュートに関しても呼べることです。
エコキュートは、各メーカーの開発によって、それぞれの家庭の環境に見合うよう複数のタイプが用意されています。
導入する際には、マイホームがどのタイプに向いているかを考え、その上で購入するようにしましょう。
とにかく多くの家庭に適応するスタンダードタイプは、給湯機能やタンク容量の数がさんざっぱら多く、選択肢が大きい点が特徴的です。
一戸建て専用のノーマルタイプとして良いでしょう。
アパートやマンションなどに住んでいる家庭には、集合住宅タイプのエコキュートが用意されています。
このタイプは、集合住宅のメーターボックスやバルコニーへの設置などに適合するよう設計されています。
また、少人数の家庭については少人数世帯専用タイプが用意されてあり、賃貸集合住宅向けのモデルといわれています。
エコキュートを導入する場合は、自分達がどういう家に住んでいるかという点をまず考慮する必要があります。
それによって、最適な形で作られたエコキュートを導入できるからです。
最適のパフォーマンスを発揮して貰うためには、とにかく自分達の環境に対して最適な選択をする事が重要というわけですね。