家庭菜園の人気その3

安心して食べられるから、地元農家の野菜直売所などがはやっているのだと思います。
中でも輸入野菜ですと、農薬の心配もありますよね。
私の友人の中には、できるだけ国産の野菜を購入するようにしている友人もいます。
みなさんがそれぞれ、各種ところに気をつけて、自分、また家族の安全を守っているようです。
さて、そういう不安な食品が数多く流通している中、最も安心して口に入れられるものは何でしょうか?
それは、家庭菜園で作った野菜ではないでしょうか?
自分で野菜を作って食べることは一番の安心です。
だって、農薬を通じていないし、体に悪いものを通じていないことを自分がかわいく知っているからです。
やはり、虫などはついてしまうが、それも農薬を通じていない健康な野菜である証拠ですよね。
それと節約も兼ねて、主婦の間で家庭菜園のブームが続いているのでしょうね。
また、最近では、夏の暑さから家を続けるために、つたが伸びる野菜などを育てて、家の中を多少なりとも涼しくしようという動きもあります。
一般家庭だけでなく、会社でも朝顔を育てたり、ゴーヤやヘチマなどを育てたりして、グリーンのカーテンを作っているようです。
これは、初心者にも簡単ですからね。
一時期、テレビで放送が続いたため、ゴーヤの苗や、ゴーヤの種が売り切れになる店が続出したほどです。
あの時、私も出遅れてしまい、ゴーヤの苗を手に入れられませんでしたからすばらしく覚えています。
初心者は育て方が意外と簡単な、ゴーヤなどからチャレンジしてみても良いでしょう。
 

家庭菜園の害虫予防その5

薬を使わずにこの虫を予防するには、コンパニオンプランツと呼ばれる植ものを一緒に植えることです。
たとえば、コブトリソウ、マリーゴールド、また、ダリヤなどもそうです。
一緒に植えれば、お花も綺麗ですし、害虫予防になり、一石二鳥です。
初心者の方は、これらのコンパニオンプランツに、大事な野菜を守ってもらうことも一案だと思いますよ。
また、虫が飛来することを防ぐ必要があります。
よくナスなどについている白い細い虫ですが、これを防ぐには、ナスの苗の周囲にぐるっとビニールか何かで囲うと良いです。
同時に風除けにもなります。
ぽっきり良しものがあり、家庭菜園用に土を買ってきたり、肥料を買ってきたりすると思いますが、あの袋がぴったりです。
初心者の方は更に、土もいくらでも買っていると思いますから、これを使わない手はありません。
お金もかかりませんし、再利用ください。
袋の上下を切り筒状として、柱を立てて苗を囲みましょう。
家庭菜園では、これで飛んで現れる虫を防ぐことが出来ます。
そうしたら、土の中の虫を退治する方法です。
ベランダで家庭菜園を通じている人などは、その土をまた利用すると思いますが、その再利用する前にしておきたいことがあります。
その土を1週間くらい、水に浸けておいて、乾かしてから使うと、中にいる害虫を退治出来ます。
初心者はそのたびに土を買ってしまうが、家庭菜園では、再利用が基本です。
そうして再利用することで虫も防げますよ。