家庭菜園初心者向け「水やりの方法」

家庭菜園初心者のかたがたは、野菜作りを始める前に延々と覚えて置きたいことがあります。
どうにか野菜作りにチャレンジするのですから、出来れば大収穫と行きたいものですよね。
取り敢えず、大収穫とならなくても、おししくて、健康的な野菜が収穫できて、食卓に散りばめることが出来たのなら、最初の年は大成功と言えるかもしれません。
さて、何だかんだ覚えてほしいことがある中で、今回は水のあげかたについてお話しましょう。
野菜に水を贈る、これは初心者けれどもわかっていることだと思います。
ですが、それにもただ、水を贈るだけでなく、コツがあるのです。
家庭菜園において、野菜の水やりは必須です。
ですが、あげれば良いというものではなく、水が多すぎると、根が酸素不足になり、根腐れを起こしやすくなります。
土の中は、雨水などがしみこんでいて、絶えず適度な水分量があります。
ですから、苗を植えて株が定植できたのなら、特に、頻繁に水をやらなくても大丈夫です。
勿論、植えた直後はたっぷりと水をあげますが、その後、落ち着いてきたら大丈夫です。
種を植えたばかりですと、水をやったことで種が流れて仕舞う場合があります。
また、ちっちゃい苗ですと、水やりでダメージを受けて仕舞うケースもあります。
種も苗も、この赤ちゃんの時期は、水の勢いに気をつけなければなりません。
たとえば、じょうろの口部分を上向きにすると、一段と容易い水が流れます。
口を下向きとしているジョウロが通常で、勢い良く水が出ます。
 

家庭菜園初心者向け「水やりの方法」続き

家庭菜園をやったことのない方は一際ジョウロなんて興味ないと思いますが、ジョウロにも何かと活かし方があるのです。
ジョウロの使い方を分かることも家庭菜園初心者の方にとっては大切なことですね。
ハス口の大小もありますから、ジョウロを選ぶときに口もチェックすると良いでしょう。
種は、発芽するまで、水分が必要ですから、水を切らさないように気をつけましょう。
そうして、葉や根が大きく成長してきたら、大量にお水をあげます。
葉が凄まじく茂っている野菜などは、葉で水がはじかれ、根元に行かない場合がありますので、葉を持ち上げ株元に水をかけるか、これから根元中心にたっぷりと水をかけます。
水を贈るタイミングですが、初心者は一層毎日あげようとしてしまう。
ですが、株元の土が、白く乾燥してきたら、お水をあげても有難いというサインなのです。
水やりは回数を仰山するのではなく、回数は少なくし、一回の水やりで、土をいっぱい浸すようにあげましょう。
勢い良くジェットなどのホース機能としてお水をやる方がいらっしゃいますが、水圧は苗にダメージを与えますからジョウロで可。
冬場はなるべく温かいうちに水をあげ、夏は、朝か夕方、気持ち良いまま水をあげます。
日中、暑い中、乾いているのを発見してしまって、慌てて水をあげてしまうよね。
ですが、高温の中、水を差し上げると、根っこにかかった水も高温になってしまいます。
そうして、土の中が蒸し風呂状態になって、根が焼けてしまう場合がありますから気をつけましょう。