防災用品の必須アイテム

テレビや新聞を見ていて防災用品は用意しておいた方が良いと言うのは分かっていても何をどの位用意したら良いのか実際には分かりませんよね。
そこで用意しておいた方が良い防災用品を挙げてみたいと思います。
【水】
非常食として一番大切なのがお水です。
ただし日常生活を平和に送っているご家庭では恐ろしいし収納場所も売るしでほんの少ししか準備していない所も多いそうです。
ただし水は大切ですので1人あたり1日3リットルを3日分を目安として人数分揃えておくと良いですね。
用意する物は通常の水で構いません。
賞味期限を気にしながら、近付いたら飲んで目新しいものに変える等して常時準備しておく様にください。
【食料】
避難食の定番と言ったらかんですよね。
但し今は火を使わなくても水やお湯さえあれば出来るアルファ米というのがあるので、ご飯も用意しておくと良いでしょう。
気になるこれらの賞味期限は5年位ありますので、非常食としては有効的だと思います。
また非常食に乾パンとご飯だけでは味気ないですよね。
単なる缶詰めなんかも一緒にいれておくと良いですよ。
防災用品としての食料は、加熱や調理が要らない食料を用意しておくのが基本です。
【紙類】
ティッシュペーパーやトイレットペーパーはとても必要な防災用品です。
女性は一層生理用品と必要となります。
案外救援もの資としても忘れてしまいがちだそうなので、防災用品として付け加えておいてくださいね。

防災用品,必須,アイテム,懐中電灯,準備

色んなものが防災用品として準備しておいた方が良いと言われています。
その中それでも準備しておいた方が良い防災用品をご紹介してみましょう。
【懐中電灯等】
懐中電灯を始めとし、ラジオ、電池、ロウソク、ライターは準備しておいた方が良いと思います。
電気が使えない状況で懐中電灯やロウソクはとても使える便利ものです。
ラジオは情報を逐一把握しておく為の手段として必要なものになります。
電池も予備を所持して赴き、ロウソクは長く加える為に大きめのものを持つ様にください。
【救急セット】
絆創膏や包帯、消毒液を用意したり、胃薬やずっこけっていう常備薬も用意しましょう。
そうして風邪薬や下痢止めっていう薬も用意しておくと安心だと思います。
非常時には病院に行けない事も、薬局に行く事も出来なくなる可能性が高いですので、救急セットも防災用品の中に入れてもらえる様にお願いします。
【衣類や毛布】
どの季節に防災用品を使用する事になるのかなんて知るものではありませんよね。
朝晩で寒暖差があるのであれば上着と毛布位は用意しておくと安心だと思いますよ。
身体を暖めるという効果と、横になるときのマット変わりとしても助かる便利グッズです。
【箸や皿類】
食べものが有っても取る為の道具が無ければどうしようもありません。
紙皿や割り箸ではなく、プラスチックの皿や普通の箸を準備しましょう。
またラップがあれば皿の上に引いてその上から料理を乗せる等してつぎ込み、洗いものを短くする工夫をください。

防災用品,必須,アイテム,保温,貴重品

窮地には色んな防災用品が必要となります。
個人で出来るものは準備しておく様にするといざという時に慌てずに済みますね。
そこで防災用品として必要と思われるアイテムをいくつかご紹介して見たいと思います。
【エマージェンシー・シート】
大型のないシートで見た目はアルミホイルの巨大版っていう感じです。
これは何に扱うのかと言うと、保温効果を決めるものになります。
つまり毛布の様に使います。
低くて必ず優しいの?と不安になりますが、実際には毛布3枚かけた感じ保温効果が見て取れる様ですのでひどく便利だと思います。
また携帯性にも優れています。
毛布3枚持ち歩くのは大変ですが、このエマージェンシー・シートは折り畳む事で手の平サイズになるという事ですので、防災用品袋のふとしたポケットに入れておくと邪魔にならず、軽々しいし良いですよね。
また値段的にも1枚500円位と至ってリーズナブルとなっています。
冬場は絶対的に避難所は寒くなります。
そんな時に便利に役立ちますのでぜひ防災用品として取り入れてください。
【貴重品のコピー】
万が一自宅が火事や津波で無くなってしまった場合、家の中のものを携帯して見つかるのは難しいですよね。
単に現金以外の財宝はその時に何処に置いていたか分からなくて結局保ちだせずっていう感じにもなってしまいかねません。
防災用品の中に運転ライセンスのコピー、保険証のコピー、通帳のコピー等を入れておくと何か有ったところ役立ちますよ。

防災用品,必須,アイテム,手袋,メガネ

【手袋】
瓦礫や色んな作業をするたまに便利なものになります。
出来れば布製の手の平にゴムの滑り止めが付いているタイプの手袋を入れておくと良いですね。
【ビニール袋】
防災用品としてビニール袋も入れておく事をオススメ目指すです。
種類としては黒いものと透明なものと2つ用意しておくと良いでしょう。
ビニール袋の用途は色々です。
ゴミ袋として使っても良いですし、雨具として使っても良いですし、色んなシートとして使っても良いでしょう。
水を入れて給水しても良いですし、汚れものを入れておくのも良いですね。
色んな用途で使えますのでぜひ防災用品として付け加えてください。
【メガネ】
目が酷い場合、コンタクトレンズやメガネが無いと何とも有りませんよね。
使い捨てレンズの様に予備があるならそれを入れておいても良いですね。
またコンタクトレンズはお手入れが大変ですので、お手入れを必要とするコンタクトレンズを通じている方は呼びの為にメガネを入れておくと良いと思いますよ。
【紙おむつや生理用品】
必要な方はぜひ用意しておきましょう。
こんなものは必要なのに意外に手に入り辛いものです。
防災用品として入れておく事をお勧めします。
【身体を洗う道具】
避難所生活になった場合、お風呂にいつ来れるのか思い付か状況になります。
出来れば身体を拭く為のシート、水が無くてもシャンプー出来るシャンプー等を用意しておくと良いと思いますよ。
また同じ様にウェットティッシュも用意しておきましょう。

防災用品,必須,アイテム,非常食,用意

非常食やラジオや懐中電灯というお決まりの防災用品の他にも、用意しておくと嬉しい防災用品はたくさん有ります。
被災地では多々不便な生活が強いられ、そして精神的にも肉体的にも疲労が貯まっていってしまします。
そうした暮らしを多少なりとも鎮まる為に活躍する便利グッズをご紹介したいと思います。
【ウォーターバッグまたはウォータータンク】
震災等の災害では断水して水道水が使えなく罹る事は多々あります。
水が無いと、トイレも流せず、お風呂にも入れず、洗濯も出来ず、ご飯も作れないという状況になってしまいます。
そういった水が無い状態で水を運んで来てくれるのが給水車です。
但し給水車が来たとしても水を加えるものが無いとどうしようもありませんよね。
そんな時にウォーターバッグやウォータータンク等が有ると、ある程度の水が確保出来る上に置いて関するので便利です。
【持ち出し袋】
防災用品をまとめて入れておく袋は有った方が良いかもしれません。
防災協会が認定している袋で有れば、炎対策もされているので燃えなくて良いです。
またこんな専用の袋を使わなくても、ポケットがたくさん見て取れるベストを利用するとか、登山用のリュックを用意しておくと言うのも良いと思いますよ。
【固形燃料】
固形燃料やガスバーナーが見て取れると、お湯を沸かす事も可能ですし、温かくする事も出来ます。
ご飯を簡単に組み立てる事も出来ますので、出来れば有った方が何かと使えて便利だと思います。