防災用品は何を揃えますか?

厳密に防災用品と呼ばれるものは存在しません。
何故なら防災用品ごときで災害ときの状況を償う事が出来ないからです。
そうして何を最初に準備しておくかという事で、よく避難食を用意する人が多いと思いますが、プライオリティーとしては避難食(たとえば水や単なる食料)は最後の方に準備すれば良いという事になるそうです。
何故なら日本国内で起きた自然災害ら、水が無いとか食料が無いと言う理由で亡くなった方は押しなべていないという理由からだそうです。
現在は東日本大震災があった事もあって、どの自治体も災害対策は連携して行われている様で、数日以内に救援もの資が避難所に届けられる様になっています。
防災用品を揃える場合にひとたび用意したいものは、生命の危機に面する様な負担をできるだけ軽くしていただけるものを用意するべきだと思います。
その次に用意するのが住宅が危機に面したら避難する為の手助け出来るもの、そして健康に長期的に明かす為に手助けして受け取るもの、避難所生活を強いられた場合、避難所生活が快適に過ごせる様に手助けしてもらえるものという順番で用意して行くと良いと思われます。
命が助かり、安全な所に住み、快適に寝る事、これが本当の災害対策と思われますが、その手助けを通じてくれる為に防災用品を揃えて行く必要が見て取れるのです。
それぞれ何を防災用品として揃えて行くかは、今の内に考えて置き、楽に揃えておくと良いと思いますよ。
無駄になった方が良いという考えのもとで会心ものを揃えておきましょう。

家庭で備える地震対策としての防災用品

地震対策として家庭で立ち向かう際、地震が発生した際に家の中のものを予防する事を目的として対策をするのは当然の事ですが、発生して被災した後の生活についての対策も考えておく必要が見て取れると思います。
非常食、水、ラジオや生理用品等の備品等、こういう防災用品が在るのと薄いのとでは、まったく生活が変わると言って良いでしょう。
その為に、最低限1週間程度はしのげる程度の食料と水、最低限生活に必要な備品を事前に準備しておく事がとっても大切だという事になるのです。
そうして万が一地震が発生して避難しなくてはならない状況になったら、手早く非難する様にください。
元々準備を通しておかないと、地震が発生してからでは何も準備できないし何とものです。
あれも携帯していこう、これも携帯していこうとモタモタしていて避難が遅れたが為に被害に合ってしまっては、元も子もありません。
そうならない為にもぜひ防災用品は事前に準備しておきましょう。
もし何を揃えたら良いのか思い付かとか、1つ1つ準備して行くのが面倒だという場合は、ホームセンター等に行ってみて下さい。
防災用品としてセット販売していると思います。
そうしたものを購入し、家のさくっと保ちだせる所に差し置く様にください。
大抵は防災用品一種在るだけで安心出来ると思いますし、大抵の状況に対して対応出来る様になっていると思います。
地震はいきなりやってきます。
地震だけじゃなくその後の火事や津波も怖いものです。
こうした災害に踏みとどまれる様に、ぜひ防災用品を用意しておく事をオススメします。

防災用品はどう揃えていけば良いのでしょうか

正に防災用品を埋め合わせるからには、いかなる所で購入したら良いのでしょうか。
阪神淡路大震災以降、色んな製造会社や会社から防災用品が販売されています。
インターネットで調べてみると、たくさんヒットされますのでクチコミや情報を見て比べてみてはたして必要だなと思った防災用品を購入するのも1つの方法だと思います。
そうしてインターネットだと、ほしい防災用品が見付かったら短い販売業者を探す事も出来ますので良いと思いますよ。
少しオススメ望むものとしては、阪神淡路大震災を経験したスタッフで作ったもので東急ハンズのオリジナル避難セットと呼ばれる通販で販売している防災用品になります。
実際の体験によって用意されたセットですので何かと役立つものがセットされています。
中身も東急ハンズがバックアップしているのも有って、しっかりしたものが入っているのも特徴的です。
その特徴として挙げられるのが、電池を使うものは全て同じ種類の電池で統一されているという事も喜ばしい特徴です。
単3、単4とバラバラだと使い勝手が悪いですし、その分予備も用意しなくてはなりません。
これはかなりより盲点を突いた凄いアイディアだと思います。
入れものやラジオ、ナイフやロウソク、ライター等、正に基づいて設定されたものですので、正に見てみると納得する内容になっていますよ。
この様に、防災用品を購入する際にはこんな通販によってみると言うのも1つの方法ですね。
こんな情報を見出せるインターネットの情報も重要視してくださいね。

家の地震対策について

家族が1つとなって地震対策に対する意識を持つ事が全く重要なのですが、その次にその対策を一種ずつ実行していく事も大切になります。
そこで家の地震対策について如何なるものが有るか挙げてみたいと思います。
【地震に強い家作り】
基本的事なのですが、家が地震によって壊れない様に設ける事が大切です。
最近では耐震偽造等が発覚し、地震に対する不安が凄く募っていると思います。
今から組立てる場合は耐震構造がしっかりとしているかどうかチェックする事、もはや家が見て取れる場合は耐震補強をする等して地震に強い家作りを通して行く様にください。
【家の中の家具】
家の中に置いてある家具、揺れて倒れたり中のものが飛び出して欠ける様に、色んな防災用品を通じて対策する様にください。
家具の転倒防止をしていないと、最悪の場合下敷きになって死になる事も極めて考えられますので、軽視せずに対応していきましょう。
再び、避難するたまに倒れた家具が邪魔になって通れなくなってしまうという様な事も考えて家具の配置を行う様にください。
【防災用品の用意】
非常食、貴重品、常備薬等、生活に最低限必要なものを準備して置き、いきなり持ち出せる様に袋等に入れて引き出し易い玄関先に捨て置く等しておきましょう。
避難所に行くと最初は誰もがパニック状態だと思います。
そういった中完璧支援もの資が届くとは思えません。
さっと状態が落ち着くまでの3日分位は準備しておくと良いと思いますよ。

震災に対して家族で心構えをしておきましょう

我らが最初に出来る震災に対する地震対策ってどんな事が出来るのでしょうか。
はからずも「防災グッズを整える事」と言いたくなりますが、先ずは家庭内で出来る地震対策をする事に有ります。
これをするにあたっては、講じる人がどれだけの意識で行っているのか、家庭内で温度差は無いとか、意識を統一させて立ち向かう必要が有ります。
そういった心構えから家族で始めて行く事が大切となります。
いつも家族が一緒に行動している訳ではありません。
災害発生ところ経験している方も多いと思いますが、携帯電話での連絡も難しい状態になります。
その時の為にどこに集合する様にするとか、その場所がダメならこの場所に集合するとか、家族でよく話し合っておく必要が有ります。
そうして地震が来たときに火の元を削る、ブレーカーを落としたら防災用品を持ち出すなど、それぞれの行動についても話し合っておくと良いと思います。
そうして安否確認の方法もしっかりとしておきましょう。
最近では携帯電話でのサービスで災害伝言サービスの様な安否確認が出来るサービスもありますので利用してみても良いですね。
これを年1回でも良いので繰り返し意識くっつける事で、いざというところ慌てずに行動する事が出来ると思います。
防災用品も買ったらそれでおわりではなくて、家族での確認ところ防災用品の中身もチェックすると言った行動も良いかもしれません。
震災は突如やってきます。
それも一瞬で全てを潰す可能性も有ります。
その時に必要以上に慌てない様にしっかりと家族間で震災に対する意識付けを行う様にください。

地震対策をしよう【テレビ】

地デジのテレビを購入した方は今はたくさんいる事でしょう。
昔のブラウン管と違って、小さくて大きくてキレイでスタイリッシュでとインテリアとしても良いですよね。
でもリライアビリティがブラウン管と比べるとちっちゃい為、震災が起きたらそのテレビが揺れで倒せるかもしれません。
ブラウン管と違って無いのでつんのめる確率も高いので壊さない為にも防災用品を使ってテレビの地震対策をした方が良いと思います。
被害を最小限に削るなら、床に直接テレビを置くのが良いと思いますが、色んな視点で見るとテレビ台に乗せたいと思いますよね。
その時にはテレビ台にテレビを固定させてしまえば良いと思うのです。
防災用品というのとはふと違うかもしれませんが、テレビ台に金具を取り付けます。
紐やベルト、針金等を利用してその金具とテレビを結び付けて固定させるという方法になります。
またテレビ台にキャスターが付いている場合は、キャスターを甘んじる様にスポンジを噛ませるとか、滑り止めが付いているキャスターに変えるとかして対策をください。
この様に地震の揺れによって倒れてしまう可能性が有るものについては、テレビだけに限らずに倒れない様に防止する対策をしておく事が大切です。
地震はいつ出るか分かりません。
地震が起きてもテレビや家具は倒れないかもしれません。
万が一の場合に備えて地震対策をオススメします。
その為の防災用品は色んな所に売っていますので、ひと度売り場を見てみると良いかもしれませんね。

地震対策をしよう【冷蔵庫・照明】

冷蔵庫や照明ってどこの家にも在るものですよね。
但し冷蔵庫は大型化が進んでいて震災の時に倒れたら下敷きになって仕舞う可能性が有ります。
また照明も割れて仕舞う可能性が有ります。
すると危険ですので地震対策をする様にしなくてはなりません。
【冷蔵庫】
通常の家庭用の冷蔵庫の裏には上の方に穴が開いています。
そこにベルトを通して固定し、震災ら倒れない様にすると良いでしょう。
またベルトじゃなくて強烈両面テープが使われたベルトが防災用品として売られていますので、なので冷蔵庫を固定すると良いと思いますこんなベルトが助かるのは食器棚、タンス等も有りますのでぜひ利用してみてくださいね。
そうして針金を使ったり、突っ張り棒を使ったりして倒れない様な工夫をしていきましょう。
【照明】
シャンデリアの様に天井からぶら下げられているタイプの照明をお使いの家庭については、震災らその照明が墜ちてしまう可能性が有ります。
地震対策として針金等を使って、ですのでから張り出している部分を固定する様にください。
そうして蛍光灯を通じているご家庭では、両端が震災の影響により逸れてしまう可能性も有ります。
そうならない為にも、両端をテープで取り止める様にすると良いかもしれませんね。
万が一の際、照明の蛍光灯が割れたら凶器になりかねません。
怪我をしない為にもぜひ地震対策をしてくださいね。
この様に、防災用品として家具転倒防止グッズ、防災グッズもありますので充分に効果が発揮出来る様に工夫していきましょう。