家庭での防災対策・ペットを連れて避難すると言う事

様々な事でもそうですが、震災ところペットと共に避難するという事をシミュレーションしておく必要が有ります。
防災用品はシミュレーションところあれが必要だとか起きるのだと思います。
震災が起きて避難所にいかなくてはならなくなった場合、ペットを一緒に連れて行く、誰かに預け入れるという選択をしなくてはなりません。
無論どちらの状況でもいつペットとはぐれてしまうか分かりませんので防災用品としての意味も含めて首輪に名前とTELを記入した名札を終始付けておく事をおススメしたいと思います。
犬や猫といったペットなら良いですが、大きなカメとかワニとか、外に出してしまったらパニックになる様なペットを飼っている場合は、余計な不安を他の方に授ける事になりますので、地震が起きたところどうしてするべきか正しく考えておく必要が有ります。
ワニを置いてある近くに専用のキャリーケースを防災用品として差し置くとか、ペットショップに一時預かりしてもらうとか何やかや有りますので検討しましょう。
犬の場合も大型犬の場合はおんなじことです。
小型犬だとしても避難所生活という集団生活を送る中、嫌いな人だっているだから迷惑にならない様に何かと対策をする必要が有ります。
最低限ノミ駆除、ダニ駆除はしっかり行う事、狂犬病やワクチンは必ずや受ける事、ペットに対して責任を負う事は忘れないでください。
どういう状況でもそんなに勝手に売るといった無責任な行動だけはとめる様にしてくださいね。

家庭での災害対策

普段見て取れるのが当たり前の様にして、電気やガス、水道によっていますし、食料もスキなものを手に入れられる幸せな生活を送っている人が多い事でしょう。
その状態が不完全になってしまうと、私達の生活は満足に出来なくなって仕舞う事も思えるのです。
いつその様な状態になっても良いように、防災用品を普段から用意しておく必要が有ります。
但し、こんな食料や呑みものだけが防災用品だと思ったら大間違いです。
防災用品には何か有ったところ必要とする物、何か起こっても被害を最小限に引き下げる様に対策をする物と 大きく分けて2つ見て取れるのです。
先ずは「突っ張り棒」ですね。
大きな地震が来たとき、直下型かどうかにもよりますが、家具が横に揺れたり縦に跳び跳ねたりする事が有ります。
何もしていないと家具は一気に転倒して、その下敷きになったら大怪我や最悪死に至る事も有ります。
その為に家具の転倒防止用の突っ張り棒を天井と家具の間に入れて固定するという災害対策が有ります。
後は家具の「店頭帽子用粘着マット」というものが有ります。
家具と家具の間に入れておくだけで粘着されて上の家具が落ちたり跳んだりするのを防ぐ事が出来ます。
また「ガラス飛散防止シート」は窓ガラスが割れたところガラスが飛び散るのを最小限にする事が出来ます。
これによりガラスの破片で怪我をする事を防ぐ事が出来るのです。
普段は普通の窓ガラスですので気にせずにお使いいただけます。
窓ガラスだけじゃなくて、食器棚のガラスにも付けてみても良いですね。

地震対策をしよう【家具】

地震が起こった際、屋内にいて凶器になって仕舞う様なものと言うと家具等何やかや有ります。
そこで家具に対する地震対策について挙げてみたいと思います。
【本棚の本】
本棚の本が上から落ちてきたら打ち所が悪いと死になる場合が有ります。
ですから本棚に置く本についても地震対策をしておかなくてはいけません。
背が良い本棚としているのであれば、下の段にはつらい本を据え置くようにし、上の段には軽々しい本を据え置く様にすると良いと思います。
また防災用品として本が本棚から飛び出さない様にベルトを貼っておくと言うのも有難い方法ですね。
防災用品としてのベルトけれどもいいですが、厚めのゴムであっても良いかもしれません。
ちょっと見た目的に「・・・」と思われるかもしれませんが、安全性が高い方が良いですので、地震対策としてぜひ試してみてほしいと思います。
【窓ガラス】
仮に地震が起きて窓ガラスが割れてしまったらどうなるのでしょうか。
よくテレビ等で地震直後に窓ガラスが割れて、ガラスが散乱していたり、その中に血が混じっていたりする映像を見たことが有りますよね。
ガラスが壊れるは刃ものと同じ凶器になってしまう。
家の中に散乱していると踏んで怪我をする事もあるでしょう。
それに上から窓ガラスが降ってきたら怪我をしてしまいます。
こんな窓ガラスの地震対策としては、窓ガラスが散乱するのを防止するフィルムが発売されていますので、それを窓ガラスに貼っておくという用法が有ります。
防災用品としてホームセンター等で販売されていますのでぜひ向くですね。

防災用品として欠かせない物【備蓄食料】

被災地には日本全国から食料が届きます。
それを被災者の方に公平に渡していくのですが、量が不充分だったり、おんなじものばかり渡される事が多いので栄養が偏ってしまったりと色んな問題が出てきます。
また東日本大震災も感じましたが、全ての被災地に平等に食料が染み渡る訳じゃなく、道が開通していなければ満足に届かない現状もあるのです。
そうすると食べものに迷う様な状況になってしまいます。
ですから個人でも防災用品として最低限でも食料を備蓄しておいた方が良いというのです。
防災用品の中けれども重要視されるのが非常食になります。
多ければ多い方が良いというかもしれませんが、多過ぎると運び出しにくくなりますし、日常生活を送っている上で保管場所も奪う事になります。
適度に試したいですが、適度って一番分かりにくいですよね。
大体目安として3日分の食料を用意する様な感覚で良いと思います。
ごはんや乾パン、おかずになる様な缶詰めも有った方が良いですね。
後、大切なものに水が有ります。
重くて大変かもしれませんが、人間が生きていくなかで絶対的に必要なのが水になります。
生きていく為にもごはんを炊く為にも必要なので給水車が来るまでの数日間分は持っていた方が良いでしょう。
またガチガチの非常食だけだと精神的にまいってしまう可能性が有ります。
些かホッと出来る様にお菓子も有った方が良いと思いますよ。
定期的に賞味期限を見ながら常時揃えておく様にください。

防災用品の必須アイテム【ペット用品】

ペットは家族の一員ですよね。
災害にあったからって置いて伺えるものではありませんよね。
そういうペットと共に避難する為の道具が防災用品として先ず言えるのは、防災ジャケットというものになります。
この防災ジャケットはペット要のものでリードも付いていますので、一気にペットに着せて連れ出せます。
そのジャケットの中に色んな防災用品をお先に入れておく事で、本当にというまま一気に着せて連れ出せるのです。
中身にはペットには欠かせない水、いつもと違う環境になると縮みあがるですから、抑える為のアロマオイル、ペットフード、おやつ等を入れておくと良いでしょう。
そうしてその中にカードを入れて置き、飼い主のTEL等の情報を書いておくと、万が一はぐれてしまった時もちょっとは安心出来るかもしれません。
その他に用意しておきたい防災用品としては、リード、オモチャ等も必要になると思いますし、キャリーバッグもソフトケースで構いませんので一気に持ち出せる様に準備しておきましょう。
何故なら避難生活においてはあまり外で走らせる訳にはいかず、眠るときもキャリーバッグの中で過ごさせる事が増えてしまいます。
ですからキャリーバッグは必要な防災用品となるのです。
またペットや飼い主の匂いが付いたタオル、簡易式トイレ等も準備しておくと良いですね。
避難所でペットを養うと言うのはいとも気を使わなくてはならないです。
飼い主もペットも気を使うかもしれません。
そのストレスを多少なりとも緩和させる為にペット用の防災用品も準備を通しておきましょう。

防災用品として欠かせない物【非常用トイレ】

災害ら非常用のトイレが有るととても頑張る事と思います。
状況によって違いますが、水が断水してしまった場合、なかなか復旧までに時間がかかってしまいます。
その復旧まで凌げる防災用品として非常用トイレが有るとやけに便利なのです。
阪神淡路大震災、先日起きた東日本大震災の時も断水していつまでも水が使えないという状況が続きました。
簡易トイレが避難所に出来たそうなのですが、それまでは大変な思いをしていた事でしょう。
断水してしまった場合、給水車の水を利用するのですが大体はこういう水は飲み水や洗濯水に使われる事が多い為、敢えてトイレの為に扱う事はしないと思います。
避難所に出来た簡易トイレ等は非常時には仕方が有りませんが、どうも不衛生という事も有りますし、自分が使いたいら待たされたりする事も有るので不便ですよね。
そうした状況を多少なりとも緩和させる為の防災用品として非常用トイレが見て取れると至って便利だと思います。
非常用トイレには色んなタイプが有ります。
穴を掘ってその上に据え置くタイプ、既存のトイレにかぶせるタイプ等々色々です。
状況に応じて準備しておくと色んな事に対応できて良いと思いますよ。
あまり防災用品として非常用トイレの事まで考えないと思いますが、正に在ると極めて使えるものだと思いますのでぜひ準備しておく事をオススメしたいと思います。
多少なりとも災害ときの状況を快適にする為にも色んな防災用品を準備しておきたいものですね。

赤ちゃんの為の防災用品

赤ちゃんは両親にとってはかけがえのない存在で、自分の命を捨ててでも守ろうとする人が多い様に思えます。
震災に合ってしまった時、赤ちゃんを連れてどうすれば良いのか途方にくれてしまうが、赤ちゃんには違和感はさせたくないですよね。
そこで赤ちゃんに最低限必要な防災用品を挙げてみたいと思います。
先ずは紙おむつ、粉ミルク、哺乳瓶が最低限必要だと思います。
離乳食時期に来ているのであれば、離乳食の缶詰とスプーンがあれば良いですね。
おむつと言ってもおむつだけではダメで、お尻拭きと出来ればパウダーも有った方が良いと思います。
そうして赤ちゃんはさっさと汚してしまうので着替えもちょこっと入れておいた方が良いですね。
後、有った方が良いというものにはバスタオルが有ります。
寒さをしのぐ為に、布団代わりにと何かと使えますので常備しておくと良いでしょう。
そうして赤ちゃんは体調をぶち壊し易いので、母子手帳のコピーを入れておくと良いでしょう。
また本ものの母子手帳は保険証や通帳と言ったお宝と共にして絶えずうなづける所に置いておきましょう。
また赤ちゃんの仕事は泣く事にも有ります。
大人数で暮す事になる避難所生活、赤ちゃんがわめき止まないとなると周りの人達にも迷惑をかける事になりますよね。
その為のあやしグッズとしたオモチャやおやつも防災用品に加えて頂ければと思います。
結構多いなぁというかもしれませんが、自分達以上に赤ちゃんへの対策はしっかりと行っていた方が良いですね。